« ふとん乾燥機を導入 | トップページ | 他人のインフラに依存して生きていくということ »

2013.03.19

『デパートへ行こう!』


閉店後のデパートで起きるドタバタ劇。

いろんな物語がだんだん未明のデパートに集まってきて、最終的に一つの出来事に合わさっていく物語です。個別の事象が徐々に徐々に絡まってきて、だんだん話がこんがらがってきて、読んでいるほうはドキドキハラハラさせられます。描写の詰めが甘いところがあるのですが、それほどシリアスな物語展開ではないので許容範囲でしょう。

でも、こういう展開どっかで見たな…と思い出したのが『The 有頂天ホテル』です。

こういう物語進行は「グランドホテル形式」と言ってジャンルに名前まで付いているんですね。

娯楽小説として、かなり楽しめました。


|

« ふとん乾燥機を導入 | トップページ | 他人のインフラに依存して生きていくということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふとん乾燥機を導入 | トップページ | 他人のインフラに依存して生きていくということ »