« 『ここは退屈迎えに来て』 | トップページ | 『田舎暮らしに殺されない方法』 »

2013.08.15

高尾側から大垂水


高尾側から大垂水峠を登りました。
朝5時半にはるひ野の自宅を出発。なるべく短い距離にしようと、野猿峠→北野街道→町田街道→甲州街道というコース取りにしました。

町田街道には、9月29日の朝に陣馬街道などが全面通行止めになるという予告看板。東京国体の自転車ロードレースが高尾周辺で行われるようですね。

1376538303575.jpg

高尾駅北口から高尾山口駅方面に向かう道は、高速道路の入口があって複雑な形態。自転車には優しくないですね。

高尾山口駅前が6時42分。ラブホテル街などを抜けて、だんだん登坂になります。道路の気温計は24度と、比較的涼しい。と坂道を登ってて気付いたのが、この登坂がどれだけ続くのか調べてこなかったこと。まあ、いつまでも続くつもりで登ろうとのんびり走ってたら、先の空が明るくなって峠に着きました。7時3分。所要21分というのんびりヒルクライムでした。

1376538328253.jpg

峠から相模湖に向かって下り坂。相模湖側からもけっこう自転車の人が登ってきますね。声を掛けながらすれ違います。風に当たると冷んやり。もう少し長い下りならウインドブレーカーが必要だと思ったくらいでした。

相模湖では艇庫でボートの手入れをしている人たちがいました。こんな遠隔地(?)で朝早くから頑張っているんですね。

1376538374376.jpg

412号線を三ヶ木までやや登坂し、ここで右折します。津久井がわより長竹側の道の方が気分が乗るかなと。そんな道の選択なのでムダな登坂が続くわけですが、長竹あたりからは下り基調になって快適なサイクリング。

小倉橋西側は圏央道接続道路新設のための大規模工事中。

1376538404578.jpg


相模川右岸の崖と合わさり、超巨大工事の様相です。

新小倉橋→五差路→多摩境→尾根幹という定番ルートで家路に向かいます。9時頃になると日も高くなり暑い。だいぶ汗をかき出したなというところで帰着。約3時間50分、71.5kmでした。

|

« 『ここは退屈迎えに来て』 | トップページ | 『田舎暮らしに殺されない方法』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ここは退屈迎えに来て』 | トップページ | 『田舎暮らしに殺されない方法』 »