« 『これから特許の話をしよう』 | トップページ | 多摩センターまで散歩 »

2013.10.24

『ヘブン』

中学生のイジメを描いた小説。

イジメられる側の弱さと言うか後ろめたさの表現、イジメられる側同士の不思議な絆、イジメる側の論理など。

特に圧巻が、イジメる側の論理を描いたシーンです。著者が既存の道徳観念などに真っ向から挑んでいます。一般的にどうやっても許容されないだろう考えが衝撃的でした。

後半、事態が急展開したあと、あっさりと気が抜けてしまいます。ああ、そんなもんかと。そういう緩急も、この小説の見所ですね。


|

« 『これから特許の話をしよう』 | トップページ | 多摩センターまで散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『これから特許の話をしよう』 | トップページ | 多摩センターまで散歩 »