« 水路工事をしていたのが気になって三沢川を見に行ってみる | トップページ | 『鉄道車両のデザイン』 »

2013.11.30

目覚まし時計の修理

目覚まし時計のひとつの秒針が動かなくなりました。時針、分針は動いているので、秒針だけの問題。

よく見ると、秒針が外側に反り返ってしまいカバーに当たっているようです。

Img_0796

裏カバーを外します。

中に小さな時計ユニットが入っているのですが、そのユニットに単三電池を入れる場所があるのに驚きです。この時計では、裏カバー内に単三電池を入れる場所があり、そこと導線で繋がれています。

裏側からツメを押すことで、前面カバーが外れます。

Img_0798

問題の秒針。


Img_0799

こいつを指とツメでしごいてまっすぐにしたら、修理はおしまいです。


|

« 水路工事をしていたのが気になって三沢川を見に行ってみる | トップページ | 『鉄道車両のデザイン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水路工事をしていたのが気になって三沢川を見に行ってみる | トップページ | 『鉄道車両のデザイン』 »