« シャーペンを替えてみた | トップページ | スマホはどこに進化してほしいか »

2013.11.08

『税務署は見ている』

元税務署国税調査官の税理士が、調査官の視点で税務調査への心得を書いた本です。

きちんと(正直に、正確に)帳簿をつけることと、ちゃんと税理士と付き合うことを勧めています。

実際に税務申告は複雑で、しかも税務署は事前に正解を教えてくれるのではなく、後から間違いを指摘してペナルティを取るという形式ですから、税務調査は企業にとって非常に厄介なものです。自分は正しくやっているつもりでも、税務調査となると「間違ってないかな…」とハラハラするものです。しかし、この本では税務調査官は別に企業に悪いことしに行っているんじゃないのにわざわざ疎がるな…という論調で進みます。調査を受ける側の肌感覚がわかってもらっていないような気がします。

だいたい、税務調査などの役所系の調査が入ると、全ての業務に優先して対応しなければならず、何もやましいことがなくても受ける側は嫌なものです。日中は調査対応、残業して日常業務ということになります。もう、うんざりな気分になるはずです。

本書の根底は、そんな税務調査を受ける企業向けというよりも、その企業の顧問税理士にあてたメッセージが強いようにも思えます。税理士契約をするんなら、単に伝票を帳簿に起こす事務作業をするだけでなく、ちゃんと帳簿を「経営者が整える」コンサルティングをしろよと。結局、経営者が帳簿を管理できていないと税務申告どころかきちんとした経営もできないはずです。そういう視点で中小企業の社長は税理士とどう付き合うか考えたほうがよさそうです。


|

« シャーペンを替えてみた | トップページ | スマホはどこに進化してほしいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャーペンを替えてみた | トップページ | スマホはどこに進化してほしいか »