« 『日本史の謎は「地形」で解ける』 | トップページ | 『かいけつゾロリ まもるぜきょうりゅうのたまご』 »

2013.12.15

『DREAM TO WIN BRADLEY WIGGINS』

英語圏小学生向けの本を読む第2弾です。今回は、アメリカじゃなくてイギリスの本。2012年のツールドフランスで総合優勝し、その直後のロンドンオリンピックの自転車ロードレース・タイムトライアルでも金メダルとなったチームスカイのブラッドリー・ウィギンスの半生の伝記です。


英語も平易でページ数も48ページと少なく、難しい英語購読ではありません。それでも、英語だと淡々と事実を追うだけになってしまい、ドラマティックな展開などをまったく感じることができないのが難点です。これって、英語ネイティブの子どもが読んだら本当にドラマティックな成功物語に感じるのか?というのが非常に疑問な展開ではあるんですが…

イギリスのアマゾンでのレビューを見てみると「子ども向きやんけ、買って損したわ!」的なものばかりで、この文章が感動ものなのかどうか、よくわからないんですよね…


|

« 『日本史の謎は「地形」で解ける』 | トップページ | 『かいけつゾロリ まもるぜきょうりゅうのたまご』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『日本史の謎は「地形」で解ける』 | トップページ | 『かいけつゾロリ まもるぜきょうりゅうのたまご』 »