« 鶴川まで尾根伝いを歩く | トップページ | 『DREAM TO WIN BRADLEY WIGGINS』 »

2013.12.13

『日本史の謎は「地形」で解ける』

日本史での出来事を地形条件から読み解こうという趣旨の本です。

江戸城半蔵門は本当に裏門?などの謎を、地形を元に再考するというスタイル。

かなりが、江戸の造成絡みの地形に割かれています。基本的には、江戸城(皇居)が武蔵野台地の東端であることと、利根川東遷の話題です。

江戸は湿地帯で、とてもどうにもならなかったところを徳川幕府が改良して大都市にした。この話はよく聞きます。また、飲用水にも苦労したという話もよく聞きます。

でも、飲み水を補うために「溜池」というダム湖を市中(溜池山王)に作っていたとは驚きました。そこまでするんですね。天下を取って世の中を変えるのも、大変なことです。政治って、いつの時代もそこまでしなければいけないんですね。


|

« 鶴川まで尾根伝いを歩く | トップページ | 『DREAM TO WIN BRADLEY WIGGINS』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴川まで尾根伝いを歩く | トップページ | 『DREAM TO WIN BRADLEY WIGGINS』 »