« 『原因を推論する』 | トップページ | 大雪から5日目の歩道を歩いてみる »

2014.02.11

『Nate The Great』

英語の児童書です。

探偵ごっこの男の子のショートストーリー。探偵気取りで友だちの女の子のところに乗り込み、失くなった絵を探します。意外なところから発見。男の子の知識と機転が活躍した物語です。

英語はかなり簡単です。そもそも分がそれほど多くなく、半ば絵本のような本でした。1時間ほどで一冊を読み終えました。英文読解の練習には簡単すぎで、リーディングの素材選びは難しい。



Lexile 130,RL:2.0,6-9

|

« 『原因を推論する』 | トップページ | 大雪から5日目の歩道を歩いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『原因を推論する』 | トップページ | 大雪から5日目の歩道を歩いてみる »