« 八ッ場ダムカレーと不動橋 | トップページ | ダイヤモンドを見てみたい »

2014.04.30

幼稚園の図書貸出し手伝い

娘が通う幼稚園では、週に一度、図書の貸出しがあります。

クラスごとに図書室にやってきて、園児が借りたい本を選び、貸出し手続きを受けて借りるというもの。この貸出し手続きは保護者が輪番で受け持ちます。

この手の輪番の手伝い作業は母親が行くものという慣わしです。そもそも平日日中なので手伝える父親は希少です。でも、シフト勤務の私は平日日中に時間ができることもままあり、この貸出し手続き手伝いに参加できることに。

妻と一緒に幼稚園に。集まったお母さん方に挨拶をして、カウンターに並んで座ります。

幼稚園児は父親がカウンターに座っているのが珍しいらしく、指差したり「何でお父さん?」と聞いたり様々な反応。(この反応を楽しんでいる自分)

カウンターに座って園児たちを眺めていると、園児集団にもいろいろな特徴があることがわかります。若い先生のクラスは園児の統率が取れていないことも感じました。先生、なかなか大変だなあ…

借りる本にも園児の性格が現れます。前週と同じシリーズの本を借りる園児がけっこう多いですね。クラスによってアンパンマンが人気だったり、図鑑が人気だったりという傾向もあります。読む本の傾向も周囲に流されるってことなんですね。

プチ人間観察を楽しみました。

|

« 八ッ場ダムカレーと不動橋 | トップページ | ダイヤモンドを見てみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八ッ場ダムカレーと不動橋 | トップページ | ダイヤモンドを見てみたい »