« キャリアメールは必要なのか | トップページ | 秋祭り仕入代金立替で資本主義を体験してみる »

2014.09.26

『日本人のための「集団的自衛権」入門』


集団的自衛権に関する議論が政治の世界で続いています。次の国政選挙では大きな公約として論点になりそうな様子です。

集団的自衛権の議論で最右翼の先頭を走ってるイメージの石破茂の著書を読んでみました。

要点は、
・集団的自衛権は国連憲章にも書かれている、独立国が当然に有している権利である
・集団的自衛権を行使できる状態にしておくことが、日本周辺の安定のために必要
と言ったあたりでしょうか。

気になるのが、日本は国連憲章に書かれいる独立国が当然に持つ権利を持っているのかということです。現在の国連は第二次世界大戦の連合国が元になっている仕組みであり、日本は敗戦国の立場からのスタートです。日本は侵略国家であったので、「普通の国」よりはるかに制限された権利しか与えられていないというのが国際社会で永らくあった立ち位置ではないでしょうか。

もう戦後70年近く経ち、日本を軍事的傘下に収めていたアメリカの国力も相対的に下がり、冷戦が終息し、中国の国力・軍事力が拡大しているという国際関係の変化もあり、いつまでも日本だけが「戦後」を引きずるのに違和感もあります。ただ、従軍慰安婦問題を巡る韓国の対応などを見ていると、国際社会はまだまだ日本を「許して」いない、すなわちまだしばらく「戦後」を引きずらなきゃいけないのかなと感じます。

石破茂が唱える集団的自衛権は、この「戦後」が終わる頃に持ち出す議論なんじゃないかなと、個人的には思いました。


|

« キャリアメールは必要なのか | トップページ | 秋祭り仕入代金立替で資本主義を体験してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャリアメールは必要なのか | トップページ | 秋祭り仕入代金立替で資本主義を体験してみる »