« 『まんじゅうこわい』 | トップページ | キャリアメールは必要なのか »

2014.09.17

『さいはて』

戦後の貧しい夫婦の物語。夫の自分勝手に翻弄されながら、夫を、華奢な自分を守りながら生き抜いていく若い妻。

夫がわざわざ苦労する道を選ぶのを、黙って付いて行かなければならない妻の物悲しさと、ほんのりとした温かさを感じる小説です。

こういう物語の流れはもはや古典だよなと思ったら、単行本は1972年に刊行、文庫が1994年とのこと。

昭和臭のする小説を読みたくなったら、ぜひ。


|

« 『まんじゅうこわい』 | トップページ | キャリアメールは必要なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『まんじゅうこわい』 | トップページ | キャリアメールは必要なのか »