« 絵本の読み聞かせの会 | トップページ | 『彗星物語』 »

2014.12.12

『未完の流通革命』


百貨店「大丸」の元社長である奥田務さんの著書です。

アメリカ留学、オーストラリアでの店舗開店、梅田店開店と華々しい経歴を経て、大丸社長になった人物です。でも、ただのサラブレッドではなく、きちんと経営を身につけ、大丸という大組織で実践して成功した人物です。

札幌大丸の少人数経営や、松坂屋との統合、そして銀座松坂屋立替えに伴う業態変更など、かなり「飛び道具」を使う経営者であるとの印象を持っていましたが、本書を読むとこれらは飛び道具ではなく、きちんと「経営」の基礎力を磨いた上での当たり前を実行しただけなのですね。

バブル崩壊後の流通業の一つの流れを作った偉大な経営者の著書ですが、書かれていることは「当たり前」のこと。世の中の経営ってのが、いかに基礎が大事なのかを痛感する一冊でした。


|

« 絵本の読み聞かせの会 | トップページ | 『彗星物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵本の読み聞かせの会 | トップページ | 『彗星物語』 »