« 『1手詰ハンドブック』 | トップページ | 東京地裁傍聴 »

2015.02.05

『俺の棒銀と女王の穴熊〈1〉』

将棋のラノベ。タイトルもヒドければ、表紙もヒドい。まあ、ラノベなので仕方がない。白黒のKindleで読んだのがまだ救いどころ。

で、内容はというと、将棋部を巡る学園もの。タイトルから想像してしまうエロい内容ではなく、学園ものにちょいと下ネタが入っている程度。素人視点での将棋への考え方なんかが所々入っていて、娯楽小説として楽しめますね。


|

« 『1手詰ハンドブック』 | トップページ | 東京地裁傍聴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『1手詰ハンドブック』 | トップページ | 東京地裁傍聴 »