« 小学校入学前の進研ゼミの国語の問題が難しかった | トップページ | 卒園式 »

2015.03.19

『貧困の現場』


現代日本の「貧困」を描いたルポタージュ。ワーキングプアやシングルマザー、ホームレスなどの現実を毎日新聞の記者が記しています。

左翼的イデオロギーの匂いがする文体で、ちょっと避けたくなるような本かもしれません。大企業が、役人が、貧困にあえぐ人を、人間とみなしていない、こんなヒドい扱いをするということが延々と書かれています。

貧困に陥ってしまった人を、どのように救うべきか。この本では、とにかく食べ物と寝るところを確保するべく、生活保護に焦点を当てています。一時期のマスコミによる不正受給叩きと社会福祉費の増大で、生活保護を受ける役所はかなり慎重になっている感は現実にあるのでしょうか。そうならそうで、不正受給は支給した役人を叩くのではなく不正に受給した人間を徹底的に叩く、社会福祉費の増大には通常の収入がある人が増税を受け入れるということで解消するのでしょう。ただ、今の日本の価値観で、そういう方向にはなかなか向かないような気がするので、貧困のセーフティーネットは難しいのでしょうね。


|

« 小学校入学前の進研ゼミの国語の問題が難しかった | トップページ | 卒園式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校入学前の進研ゼミの国語の問題が難しかった | トップページ | 卒園式 »