« 朝の花見サイクリング | トップページ | 多摩ニュータウンを花見サイクリング »

2015.04.02

『初段に勝つ矢倉戦法』

将棋で居飛車の代表的戦法「矢倉囲い」を覚えようとしているのですがなかなかうまくいかないので、矢倉囲い専門の棋書を買ってみました。

結論から言うと、僕にはまだ早すぎた。

本書は
1章 矢倉基本編
2章 ▲3七銀戦法編
3章 急戦矢倉編
の章立てですが、1章の中でも「棒銀端攻め」「3七桂型」「▲3七桂対△6四角」が紹介されており、矢倉のバリエーションを広く取っている感触です。

しかし、初手から▲7六歩△3四歩では矢倉にならないと初っ端から書いてあったり、24手組が右金が5八に、角が7九に残っていて2筋と3筋の歩が突いてあるなど、僕の知っている矢倉と違うなぁという思いがありました。

本文は、数手ずつ説明が丁寧に入り、わかる人にはわかりやすそうです。しかし、7手先くらいが読めて当たり前の人を対象に書いてある雰囲気があり、僕には難しすぎるということがわかりました。「初段に勝つ」の題名は、本当に5〜1級くらいの人を対象にしているのかな。

結局、1章だけ駒を動かしながら読みましたが、これ以上は後日に置いておくことにしました。もっと初心者向けの、二桁級位者を対象にした棋書を僕は読むべきです。それを理解して技術も付いてきたうえで、この本は再読すべきです。


|

« 朝の花見サイクリング | トップページ | 多摩ニュータウンを花見サイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝の花見サイクリング | トップページ | 多摩ニュータウンを花見サイクリング »