« 『海街diary』 | トップページ | 『超ひも理論をパパに習ってみた』 »

2015.07.22

バッテリーが上がった

2ヶ月ぶりにクルマに乗ろうとしたら、エンジンが掛からない。バッテリーが完全に上がってました。うーん、困った。とりあえず荷室のブースターケーブルを確認。長さ的に、ボンネット同士を突き合わせないと届きません。マンションの立体駐車場なので、それがけっこう難しい。狭い立体駐車場に前進で入るのは通路の幅が足りません。

そんなことを考えていると、知り合いの奥さんがクルマを出そうと駐車場に。軽自動車とのことなので、それなら立体駐車場に前進で入れると、ブースター繋ぎをお願いしました。

前進で入ってもらい、バッテリーをブースターケーブルで繋いでエンジンオン…パワー不足でエンジンは掛かりませんでした。次に駐車場を待っている人もいるためこれ以上時間をかけることもできず、断念しました。

で、JAF呼び。13,000円で、40分待ちとのこと。もう僕にはそれ以外の選択がないので、その条件を受け入れます。

JAFのおじさんはバッテリーと長めのブースターケーブルを持ってきて、サクッとエンジンを掛けてくれました。

バッテリーは3年ほど使ったもの。もう寿命でもあるので、この際交換したほうがいいですよとのアドバイスをもらったので、エアコンを掛けずにタイヤ館へGo!新しいバッテリーで安心ドライブです。

急な出費が大きかったな…。

|

« 『海街diary』 | トップページ | 『超ひも理論をパパに習ってみた』 »

コメント

普通車のバッテリー上りに対して軽自動車をブースターケーブルで繋いで始動させようとするのはNGです。
始動させるにはパワーが足りませんし下手すると軽自動車も自車を始動させられるかもしれませんがバッテリーがかなり減ってしまいチャージする事態になります。

投稿: カノン | 2015.07.22 21:44

カノンさん>
やはり小さいものから救援をもらうのは厳しいのですね。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2015.07.23 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『海街diary』 | トップページ | 『超ひも理論をパパに習ってみた』 »