« 序盤の指し手から戦法を考えて見る自分メモ 2 | トップページ | 『グッモーエビアン!』 »

2015.11.21

『群論入門』

素粒子物理学で時々出てくる「リー群」ってそもそも何?って疑問から手に取った群論の入門書。帯に「高校数学の知識でも理解できるようにていねいに解説した群論の初心者のための入門書です。」とあって安心して読み始めたのですが、よく考えたら僕が欲しかったのは読み物的な入門書で、本書のように演算をしながら理解する本ではありませんでした。

そいうわけで、演算部分はやや読み飛ばし、「群論って何?」だけを追いかけました。まあ、わかったのかわかってないのか、文字だけ追った感じです。群論ってなにかを理解するには、ちゃんと演算を理解しないとダメなんだなと思いました。


|

« 序盤の指し手から戦法を考えて見る自分メモ 2 | トップページ | 『グッモーエビアン!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 序盤の指し手から戦法を考えて見る自分メモ 2 | トップページ | 『グッモーエビアン!』 »