« 『盤上の詰みと罰』 | トップページ | 七五三 »

2015.11.12

海老名 中央図書館とららぽーと

適当に出かけようと。目的地になんとなく選んだのは、TSUTAYAが絡んで話題になってる「海老名市立中央図書館」と、先月末にオープンしたSC「ららぽーと海老名」。

海老名駅を降りて小田急線沿いを歩いて陸橋を渡ったところに建ってるおしゃれな建物が海老名市立中央図書館。何だこの球体?



中に入ると、そこは図書館ではなく、カフェ併設の書店でした。地方都市にしては突然のオシャレスポットです。

2階以上は、ちゃんと図書館。ただ、手の届かない高いところはダミー書棚なんだか飾り目的で百科事典系の書籍が置いてあるんだか不明。ただ、おしゃれな印象を受けます。

テラスがありますが、もう寒いのか誰もいません。






ここからJR相模線沿いに歩いてららぽーとに向かったのですが、小田急とJRの間が絶賛区画整理工事中で直接相模線の駅に行けず、小田急の駅に戻ってから歩道橋でららぽーとに行くことに。図書館に行った道をそのまま戻ればよかった。

ららぽーとは、なぜかカフェ系のショップばかりが人だかりで長い行列。物販系は平穏。ただモールを歩いている人は平日にも関わらず多いですね。ららぽーとの集客力、すごい。

ぷらぷらと歩いていて、レモンと生姜を売っているショップを見つけたので、そこでレモネードとジンジャーエールを頼んで小休止。



キチンと生姜が効いているけどエグくない、スッキリとしたジンジャーエールでした。

子どもらが帰ってこないうちに新百合ケ丘で用事を済ませて帰らなきゃいけなかったので、この辺で。

|

« 『盤上の詰みと罰』 | トップページ | 七五三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『盤上の詰みと罰』 | トップページ | 七五三 »