« 『羽生善治 闘う頭脳』 | トップページ | 海老名 中央図書館とららぽーと »

2015.11.12

『盤上の詰みと罰』

将棋マンガです。

ある人と対局したが、途中で意識を失ってしまい、そのまま記憶が1か月でリセットされてしまう記憶障害に。そんな中、最後に対局した相手を探す旅に出ているという将棋少女(元女流全タイトル保持者)という設定です。

どんな対局か、いったい誰との対局か、気になって読み進めるというRGP的要素のあるマンガでした。2巻で完結するストーリーですが、そんな軽めのストーリーです。

交通事故で家族を失った子供が棋士にというストーリーは三月のライオンと一緒なので、どこか混同してしまいますね^^;

途中で、倒れるときの盤面図が出てくるのですが、最後の場面の棋譜からの変化がどうしてもわからないんですよね。
20151112

そのうちだれかWebに変化棋譜を上げてくれると期待。


|

« 『羽生善治 闘う頭脳』 | トップページ | 海老名 中央図書館とららぽーと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『羽生善治 闘う頭脳』 | トップページ | 海老名 中央図書館とららぽーと »