« 郵政3社の初値 | トップページ | 『盤上の詰みと罰』 »

2015.11.10

『羽生善治 闘う頭脳』


将棋の羽生善治四冠(2015.11現在)の、エッセイや対談を集めたもの。10年くらい前のものから最近のものまでいろいろです。

いろんな形式の文章が集まっていることで、羽生善治の考え方がいろいろな方面から知ることができます。いままで特別な天才だという印象があったのですが、意外とそうではなく、物事をきちんと整理して考える常識人なんだなと感じた本でした。


|

« 郵政3社の初値 | トップページ | 『盤上の詰みと罰』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郵政3社の初値 | トップページ | 『盤上の詰みと罰』 »