« 『グッモーエビアン!』 | トップページ | 『国道沿いのファミレス』 »

2015.11.23

『駅をデザインする』

営団地下鉄の駅サインなどを手がけたデザイナーによる、公共デザインのあり方を提言する本です。

特に、地下鉄の利用者に駅をわかりやすくする工夫が示されているのですが、空間を大きく取る提言など、土地とお金が必要な提言が多いなというのが印象です。パブリックなものなんだからちゃんと金出せよという雰囲気が伝わってきます。贅沢なプランに対し補助金削減を言った建設省に対する苦言が何とも。

ひどい駅デザインとして、東横線渋谷駅、JR新宿駅が出てきますね。渋谷駅は埼京線渋谷駅が便利になるまでは効果が実感できないので、不満はいっぱいですね。(そもそも明治通り地下なんて渋谷じゃないよ)

JR新宿駅は、小田急線新宿駅と京王線新宿駅とのつながりや埼京線・湘南新宿ラインホームの位置がどうしようもないですよね。JR・小田急・京王相互の改札を廃止するだけでもかなり改善するのはないのかな?と思うのですが。

駅に自社物件サインが増えてしまうのは、鉄道が民営ならしかたない部分があると思います。公共性を重視するなら、サインは鉄道会社の経費ではなく、地方自治体の経費負担も考えなければいけませんね。

駅のサインで、乗車系は紺系、降車系は黄系だというのは初めて知りました。しらなきゃ、何の情報にもなってないよ…


|

« 『グッモーエビアン!』 | トップページ | 『国道沿いのファミレス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『グッモーエビアン!』 | トップページ | 『国道沿いのファミレス』 »