« 小石川後楽園 | トップページ | 14インチブラウン管テレビを廃棄した »

2015.12.09

『透明の棋士』

報知新聞社の将棋担当記者によるエッセイ集。先日のブログで紹介した『摩訶不思議な棋士の脳』は棋士自身の視点によるエッセイでしたが、こちらは棋士を見つめ続ける人のエッセイ。

棋士は、当然のことながら対局が全て。何だかんだいって、勝てば評価されるし、負ければ存在意義を問われる。過酷な勝負の世界を生きている。その過酷さゆえの精神の昂りと落ち着きをじんわりと表現しているなと感じました。

先崎九段は無頼漢気取りなりのエッセイの書き方でしたが、この本の著者である北野新一さんは紳士的な感じがします。こちらも、なかなか好対照で面白い。


|

« 小石川後楽園 | トップページ | 14インチブラウン管テレビを廃棄した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小石川後楽園 | トップページ | 14インチブラウン管テレビを廃棄した »