« 電子ピアノを導入 | トップページ | 雪が少し残る永山への道 »

2016.01.21

五島美術館

野毛の五島美術館へ。

開かれている展覧会は「茶道具取合せ展」と、所蔵品からピックアップした、ほぼ常設展。それでも、鼠志野や織部などの名品を静かに見ることができる場所は貴重。茶碗、茶入れなど堪能。今回は茶入れが多かったような気がする。書については、秀吉がお祢に宛てた手紙がわざわざ掛け軸になって展示されているところが何とも…やめたれよ。これで一昨年の大河ドラマ「官兵衛」や利休に訪ねよ、荒木村重本などを思い出し、この手の茶道具がどれだけ戦国大名を狂わしたんだろうと思いながら鑑賞する楽しみもありました。

展示を見終わって、庭園に。展示室裏の芝生にはまだ雪が残っていました。

Img_0628


庭園内には富士見亭を名乗る茶室があるなど、遠く富士が望む立地なのですが、今は二子玉川駅周辺の再開発でビルばかり望むようになりましたね。でも、ビルの間にチラッと富士。

Img_0630

庭園を散策したのですが、崖地には雪は残っていませんでしたね。鯉も元気で人に寄ってきます。(エサはあげませんよ) 崖下に出口専用の門があったので、ここから二子玉川に向かうことにします。


Img_0632

二子玉川駅南口は「二子玉川ライズ」として大規模再開発されており、行列ができている飲食店なんかもありました。仮設のスケート場なんかもあり、休日は大にぎわいなんでしょうね。

Img_0633

お洒落な街を後にして、南武線に乗り込んで帰りましょう。

|

« 電子ピアノを導入 | トップページ | 雪が少し残る永山への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子ピアノを導入 | トップページ | 雪が少し残る永山への道 »