« 『完全なるチェックメイト』 | トップページ | レコチョクのUI »

2016.01.01

『将棋・完全序盤ガイド 振り飛車編』


先月読んだ将棋・完全序盤ガイド 相居飛車編に先行して出されてた本。振り飛車定跡はあまり知らず、相手に指されても舟囲い対抗形でしのげばいいと思っている程度に振り飛車のことは知らない。でも相居飛車編の本が良かったので、振り飛車編も買い(Kindleにダウンロードし)読みました。

この本で取り上げられてるのは、ゴキゲン中飛車、石田流、先手中飛車、角交換四間飛車です。ゴキゲン中飛車や石田流はたまに相手に指され、対応がよくわからないまま負けちゃうことが多いですね。先手中飛車は相手が先手番なのにゴキ中?と思うことがあるのですが、ちゃんと別の戦法なんですね。角交換四間飛車も知らなかった戦法ですが、えっ、このタイミングで角交換するの?と思う対振り飛車戦に出くわすので、実はこの戦法ですね。

振り飛車は居飛車ほどガチガチに定跡が整備されてなく、手が広く好きに指せるイメージが強いのですが、藤井猛など振り飛車研究家は深く研究し、次々に新しい戦法を編み出しているのですね。これを「歴史」という順で本書で紹介されているので、本書の知識があれば対振り飛車の棋戦鑑賞も面白くなりそうです。

今回は「戦法わからないなあ」と思いながらザッと流し読みしたのですが、振り飛車研究の面白さが伝わってきました。時間があるときに本書の主要局面を盤に並べ、示されている変化を駒を動かして確認したら、かなり理解できるかな。


|

« 『完全なるチェックメイト』 | トップページ | レコチョクのUI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『完全なるチェックメイト』 | トップページ | レコチョクのUI »