« 『将棋・名局の記録』 | トップページ | 『NEWS×it』 »

2016.02.13

『人工知能は人間を超えるか』



AI(人工知能)を扱った本です。

・AI研究の歴史(現在は3度目のブーム)
・ディープラーニングとは
・人工知能は人間に取って代わるものか

というあたりがテーマ。

ディープラーニングの説明部分では「特徴量」という概念が僕にはわからず、全体的に理解しにくい内容でした。しかしWEBでディープラーニングを検索すると、この本を読めと出てきてしまいますね。特徴量のことはさておき、入力と出力の間に1層または複数層の「ニューラルネットワーク」(ノード群という感じでしょうか?)を設置することで、自律的かつ効果的に学習することができるそうです。この辺は、もう少し初心者に簡単に理解させることをターゲットとした本を待つべきか。

生命体である人間が、機械である人工知能に取って代わられる日は来ないか、来ても相当先の話なんですね。とりあえず僕が生きている間にSF的なAIの乗っ取りはなさそうです。


|

« 『将棋・名局の記録』 | トップページ | 『NEWS×it』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『将棋・名局の記録』 | トップページ | 『NEWS×it』 »