« 『古川亨のパソコン秘史』 | トップページ | まだらのたらこ »

2016.02.01

『妖怪しょうぎ』

3×4マスの盤で4種類の駒を動かすミニ将棋「どうぶつしょうぎ」の妖怪ウォッチキャラクターバージョンです。

発泡スチロールに紙を貼った簡易駒と簡易盤ですが、本の形式なので収納しやすく使いやすい。耐久性はおそらくないですが、そんなに耐久性に期待しないでしょう。

家族でやったのですが、僕・息子は妻・娘に必勝してしまいます。駒の効きなどを考えて指すのが、妻や娘にはまだできないようで。

駒落ち戦も難しいのでいろいろと試行したのですが、結局は持ち時間を変更することでいい対局になるようです。1手の制限時間を僕・息子は5秒、妻・娘は30秒くらいにするのが今のところいい感じです。妻・娘の持ち時間は無制限にしてもいいのですが、5秒だと考えている時間がないので、相手が考えている間に手を読んでおき、指したら反射的に指すしかないので、かなりのハンデです。先の指し手を考えるいい訓練になるかも。



|

« 『古川亨のパソコン秘史』 | トップページ | まだらのたらこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『古川亨のパソコン秘史』 | トップページ | まだらのたらこ »