« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 『ズートピア』 »

2016.05.07

『オマールの壁』

パレスチナに住む若者数人が、イスラエル兵に立ち向かうところから始まる物語。

パレスチナとイスラエルの二重支配状態でイスラエル警察に逮捕、拷問されたあと、複雑な被支配のなかで体制と仲間の間を揺れ動く主人公と仲間の葛藤を描きます。仲間と仲間が多重に騙し合うストーリーで、見ていてかなり混乱しました。パレスチナに住んでいる住民も、同様に何を信じていいかわからず混乱しているのだろうか。

後半にかけて真実が明らかになり、そして唐突で衝撃的なエンディング。

この映画で描かれていることがパレスチナの全てではないでしょうが、パレスチナ人の葛藤を一緒に味わうことになる映画でした。

オマールの壁 公式サイト

|

« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 『ズートピア』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 『ズートピア』 »