« 『超高速参覲交代』 | トップページ | 四谷三丁目から信濃町 »

2016.09.12

『君の名は。』



夢と現実の境目は曖昧だし、夢ははかない。

東京の男子高校生と、岐阜県の山奥に住む女子高生が入れ替わる物語。その入れ替わりが、夢なのか現実なのか。そんな曖昧な感覚をスクリーンに置いて、彗星の接近日を迎える。

ファンタジーとドラマの間の世界を、アニメの良さを生かして表現している。東京の街、飛騨の村。美しく描けるのはアニメだからこそ。新宿駅周辺もかなり描かれていましたが、現実の新宿とは違い「憧れの東京」を演出していました。

作品後半の出来事。これだけ強烈な出来事にも関わらず、所詮は夢だから曖昧な手触りのまま。四谷須賀神社の階段でのシーンで、ハッとする。

君の名は。

|

« 『超高速参覲交代』 | トップページ | 四谷三丁目から信濃町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『超高速参覲交代』 | トップページ | 四谷三丁目から信濃町 »