« 『棋士の一分』 | トップページ | 『言の葉の庭』 »

2016.12.28

『暗渠マニアック!』

暗渠。蓋をされたり地下に埋められてしまった川です。平面を都市化するにあたり、どうしても元の地形に逆らえなかった痕跡を見ることができて、人間が克服できなかった自然を見るようで楽しかったりします。僕の身近で言えば、例えばガスト若葉台店の西側に流れる暗渠(マクドナルド裏の貯水池から三沢川に流れる暗渠です)や、玉川上水緑道(おなじみ玉川上水の跡地)なんかがありますね。こういう場所、微妙にうれしい。新宿周辺では蛇崩川や、神田川支流など細かい暗渠もたくさんあります。

微妙に暗渠が気になっていたところ、本屋でこの本を見てしまいました。「暗渠」なんて言葉が書店で平積みされているなんて。(どうやら「ブラタモリ」効果らしい。)

暗渠マニアがアンソロジー的に集めた暗渠探検記。暗渠の目印や加工度による分類など、さすが書籍にするほど暗渠を研究してしまう著者です。これは、参考になったし、もっと暗渠を探検したくもなってきます。

過去のブログを検索したら、いくつか暗渠絡みの記事がありますね。

五反田川探索
向ケ丘遊園駅南口の河川跡通路


|

« 『棋士の一分』 | トップページ | 『言の葉の庭』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『棋士の一分』 | トップページ | 『言の葉の庭』 »