« 『言の葉の庭』 | トップページ | 『牝猫たち』 »

2017.01.26

『住友銀行秘史』


昨年くらいに経済誌などで話題になっていた本。気にはなっていたものの、なかなか読むまで至らずでしたが、ようやく読むことに。

バブル崩壊の象徴とされるイトマン事件に対するメインバンクである住友銀行の首脳の動きを、当時の部長のメモと解説により読み解こうというものです。

この本を読んでいて思うのが、大企業の幹部たちがいかに「人事を巡る権謀術数」に興味があり、そこにのみ焦点を当てて行動をしているか。そして、そのことがいかに組織を歪めてしまうか。実務としてサラリーマンをしている人間にはよくわからない世界なのですが、こういう世界が本当にあるものなんですかね。そんなことにパワー割いてないで仕事をしろと言いたい。あるいは、高度成長期からバブルの頃はこの世界があったからこそ日本は成長できたのでしょうか。

イトマン事件でなぜ許永中や伊藤寿永光などに暗躍されてしまったか。本書では磯田会長と河村社長の独裁により招いてしまった事件と描きたいようだが、ほんとうそうなのか?という疑問が残って本が終わってしまう。
著者の國重惇史氏はのちに住友銀行を出て活躍することになるのですが、このイトマン事件での「メモ」を書いている時点で、そしてこの本を書いている時点でも、いかに傲慢で自信家なことか。

イトマン事件を横から見ている立場の職員のメモが経済史に非常に重要な史料であることは確かでしょうが、この本の体裁はどうかな?と思ってしまいます。


|

« 『言の葉の庭』 | トップページ | 『牝猫たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『言の葉の庭』 | トップページ | 『牝猫たち』 »