« アンペアブレーカーのデジタル化 | トップページ | 『経済数学の直感的方法』 »

2017.02.27

『ラ・ラ・ランド』

ミュージカル映画。若干のノスタルジーを含ませながらの現代アメリカの表現を歌と踊りに乗せて。

作り自体を古臭いと見せかけて、意表を突いた所で音楽が入ったり静寂を差し込むやり方に驚く。アイテムとして気になるのがiPhoneとプリウス。この2つのアイテムが、舞台が80年代ではなく10年代であると主張する。クルマの発進シーンがプリウスのモーター音とかありえないと感じたのですが、みなさんどうなんでしょう。今後の映画の発進シーンはこうなるのか。

ミュージカル映画としてうまいなと思ったのがiPhoneの通知音。例えば通知音「マリンバ」が話の流れをぶった切るわけですよ。現代のあるあるを巧みにスクリーンに反映させつつ場面を切り替える。

ノスタルジー + プリウス + iPhone。ノスタルジーを醸し出すためのジャズ音楽なのか、現代においてジャズ音楽だけが時代に取り残されている表現なのか。とにかくプリウスとiPhoneだけが気になった128分でした。



ラ・ラ・ランド公式サイト

|

« アンペアブレーカーのデジタル化 | トップページ | 『経済数学の直感的方法』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンペアブレーカーのデジタル化 | トップページ | 『経済数学の直感的方法』 »