« 『組織戦略の考え方』 | トップページ | 『そこのみにて光輝く』 »

2017.07.05

『清須会議』

三谷幸喜の映画作品。Amazonプライムビデオにあったので、自宅で鑑賞。

織田信長が本能寺の変で亡くなったあと、織田家の跡取りをどうするかを決める「清須会議」が舞台。羽柴秀吉と柴田勝家の駆け引きが映画の主題です。

三谷映画だけあってコメディ仕立てですが、史実に沿う必要があるのが制約なのでしょうか、あまりコメディに突っ走ることもできず、だからと言って人間ドラマに徹することもできず、中途半端な位置付けに終わってしまってるかな、というのか印象。

歴史の主役に躍り出そうになりつつ権力闘争に敗れた柴田勝家が気になりますね。あとでWikipediaじっくり読もう。

清須会議(映画.com)

|

« 『組織戦略の考え方』 | トップページ | 『そこのみにて光輝く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『組織戦略の考え方』 | トップページ | 『そこのみにて光輝く』 »