« 『数式を使わないデータマイニング入門』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔』 »

2017.09.07

『関ヶ原』

安土桃山時代最大の戦である関ヶ原の合戦を取り上げた映画。単なる歴史ドラマではなく、司馬遼太郎の歴史小説を原作とした映画であり、ちょっと複雑です。

豊臣政権下での朝鮮出兵に関する不和辺りから始まります。ここから、石田三成と徳川家康の主導権争い。この辺が人間ドラマとして面白いのですが、比較的あっさりと流しているように感じました。

やはり、戦闘シーンが迫力があります。最近の映画館は重低音の振動を強調するので、それだけ迫力も増しますし。安土桃山時代後半とあって火器も豊富ですから、演出も派手にできますし。

たぶん、家のテレビで観てももうひとつ感動しないと思います。派手なアクションものとして映画館で観るのがおすすめです。

|

« 『数式を使わないデータマイニング入門』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『数式を使わないデータマイニング入門』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔』 »