« 『必勝法の数学』 | トップページ | 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 »

2017.12.01

『伊藤真の商法入門』

Kindle Unlimitedをブラウズしてて目に留まりました。商法・会社法は普段の仕事で重要な知識ではあるもののビジネス実務法務試験のときくらいしかマトモに勉強してないし、おさらいしとくかとダウンロード。Unlimitedに埋もれていた本なので駄本だろうと思い読み始めたら、意外に(失礼)ちゃんとした本でした。著者を調べると、司法試験予備校の有名講師なんですね、なるほど。

内容は主に(1)会社法 (2)手形 (3)商法総論 です。特に会社法のウエイトが大きい。委員会設置会社が登場してから株式会社の仕組みも複雑になりましたからね。本書では、どういう利害関係を守りながら、どういう効率を求める意図を持った法律なのかという視点で説明が続きます。条文の丸暗記ではなく、法の目的を理解することに重点が置かれていて好感が持てます。

このシリーズは他にも何冊かがUmlimitedの対象になってますね。他の分野の法律にも手を出してみるかな。



|

« 『必勝法の数学』 | トップページ | 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『必勝法の数学』 | トップページ | 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 »