« 『ストリップの帝王』 | トップページ | 『名探偵コナン ゼロの執行人』 »

2018.04.18

『大格差 - 機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』


先日『AI vs 教科書が読めない子どもたち』を読んだ時に、長いあいだ積ん読棚に置きっぱなしのこの本のことが気になりました。2014年9月18日初版、2014年12月8日初版第4刷とあり、かなり3年半近くも積ん読放置されていた様子で、本に申し訳ない感じ。

案の定というか、本書の内容はAIが万能ではないが、高度教育のない層の雇用は脅かされるという、AI vs と同じ論調でした。

AI vs がAIに入試問題を解かせようというアプローチからの論述に対し、本書はコンピュータの読み手をを活用したチェス競技(フリースタイルチェス)からのアプローチというかなり違ったところからスタートして、よく似た結論に到るところが面白い。AIが実用化するにしたがって、人間がどのような能力を身につけなければいけないか、凡そ示されたということでいいのか。

本書後半では、「中国との熾烈なライバル関係に刺激されて、アメリカ人のナショナリズムが強まり、秩序と現状維持が重んじられるようになる」「アメリカでいま保守主義の力が最も強いのは、所得水準と教育水準が最も低く、ブルーカラー労働者の割合が最も多く、経済状況が厳しい地域だ」と、のちのトランプ現象を的確に言い当てていることに驚いた。もしかしたらアメリカではリーマンショックあたりから強烈なナショナリズムは台頭しつつあり、僕がそれに気付いたのがトランプ現象からでしかないのかもしれないが。

|

« 『ストリップの帝王』 | トップページ | 『名探偵コナン ゼロの執行人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ストリップの帝王』 | トップページ | 『名探偵コナン ゼロの執行人』 »