« 『マンガで身につく多動力』 | トップページ | 『VISION』 »

2018.06.11

『万引き家族』

是枝裕和監督の作品。『誰も知らない』のテイストの。誰も〜と違い、この作品には社会から見捨てられた子供を救う大人がいること。この救いが血縁に拠らず、社会的にも認知できない縁での救いというのが物語のポイント。

血縁だから、産んだから家族なのか、共に時間を過ごし共に苦楽を味わうから家族なのか。豊かだからいい家族で、貧しいから悪い家族なのか。適法だからいい家族で、違法だから悪い家族なのか。終盤、引き裂かれてゆく「家族」を見ての感想は、怒りなのか、安堵なのか。そして最後に「自宅」の前の廊下から見たものは、何だったのか。


|

« 『マンガで身につく多動力』 | トップページ | 『VISION』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『マンガで身につく多動力』 | トップページ | 『VISION』 »