« 『絶対わかる論文問題攻略法』 | トップページ | 『現代都市経済学』 »

2018.09.27

浴室混合水栓 MYM MS8200のカートリッジを交換した

浴室の蛇口/シャワーの混合水栓の調子が悪くなってきました。

左に温度調整ハンドル、右にカラン(蛇口)/シャワーの切り替えハンドルがある混合水栓「MYM MS8200」という品番のものです。なお、「MYM」というメーカーはすでになく、部品供給はKVKという会社が行なっているようです。

Img_0001


Img_0002
(しかし、汚いですね…)

最近、切り替えハンドルでカラン側から止水しても、水がポタポタ落ちるようになりました。完全に止水せず水漏れ状態です。シャワー側から止水すると完全に止水します。マンション新築から13年を経過しているので混合水栓の交換かなとWEBを調べ、どうやら自分で交換するなら15,000〜20,000円くらいなかと目算を付けてさらに調べると、どうやら水栓の中の部品「カートリッジ」を交換することで不具合が解消されるらしい。これなら、5,000円ほど。

KVKのサイトで「MS8200」を調べても、ほとんど何の情報もありません。でも、楽天やらAmazonやらで調べるとカートリッジは販売しているようす。ユニディには在庫がなかったので、ネットで注文します。

Amazonで頼んだら文庫本を送ってくるような封筒で届きました。中にはこんな小さな箱。
Img_0003
(左のiPhone5sは大きさ比較用)

説明書も何もなく、本当に部品だけです。プロ用かよ。

WEBを色々調べて手順を覚えます。このPDFが正式なメンテナンスマニュアルなのかもと、これだけは印刷。

さて、準備。

浴室にレジャーシートを敷き(工具などを落としてしまった時に床を割らないための養生です)、モンキレンチ、プライヤー、ラジオペンチ、ドライバーセット、バケツ(水入り)、雑巾、古ハブラシを準備します。

Img_0004
このうちラジオペンチには出番がなく、プライヤーも役には立ちませんでした。なお、途中で「綿棒」を取りに行きました。最初からあったほうがいいかも。

水入りバケツが、微妙に重要です。このあと住戸の水道元栓を止めて作業をするのですが、水栓の中は13年分の汚れが溜まっており、掃除をしたくなる。その際に水はどこも出ないので、予めバケツに水を汲んでおく必要があるのです。

で、作業のために住戸の水栓を閉にします。

Img_0005

切り替えスイッチをカラン側にし、元栓で止水していることを確認してから作業開始です。
Img_0006

まずは、ハンドルキャップの切り欠きにマイナスドライバーを突っ込み、こじってキャップを外します。

Img_0007

プラスチック部品が挿さっているだけなので、すぐに抜けます。

Img_0008

切り替えハンドルも、まっすぐに引き抜きます。これも、難なく外れます。

Img_0009

切り替え表示リングも同様に抜きます。


Img_0010

次に、カートリッジを押さえているナットを外します。ここでプライヤーを使っているWebサイトが多数あったのですが、モンキレンチの方が作業しやすいしネジ山もなめにくいと思います。


Img_0011

Img_0012

ここまで外した部品はかなり汚れていると思うので、バケツ、歯ブラシ、雑巾、綿棒を駆使してキレイに清掃しましょう。10年に一度の清掃チャンスです。

で、難関が「カートリッジの引き抜き」です。中の白いプラスチック抜くだけなのですが、これがそう簡単には抜けません。いろんなサイトだとか、カートリッジ通販サイトのレビューとかにも、とにかく固いと書いてありますが、その通り。プライヤーで頑張って引き抜いている写真を見かけたので僕もプライヤーで引っ張ったりしたのですが、うんともすんとも言わず。そうやっているうちに軸部分がプライヤーで傷ついちゃったりして、もう切り戻しできないやんと不安になります。これは、完遂するしかない、そうしないと今夜は風呂に入れない!

結局、6mmマイナスドライバーにハンドルを付け、軸の凹みに噛ましてテコの原理で引き抜く方法を試します。いろんな方向から力を入れるのを繰り返すと、ある瞬間にポコっと引き抜けました。


Img_0013

これで、一連の作業の最大難関クリア。


旧カートリッジ(上)と新カートリッジ。


Img_0014

新カートリッジを混合水栓の本体に押し込みます。途中でポコっとハマる感覚になるまで。

Img_0015

で、カートリッジ押さえのナットをモンキレンチで締め付けます。カートリッジの軸の切り欠きは手前側水平にしておくようにマニュアルの指示があります。


Img_0016

切り替え表示リング、切り替えハンドル、ハンドルキャップを順にはめ込みます。ここで、ハンドルは止水位置にしておきましょう。

水道元栓を開放し、動作確認を行えば作業は終了です。

Img_0018

途中で撮影しながら作業時間は40分くらい。準備を後片付けを入れても1時間以内の作業でした。

|

« 『絶対わかる論文問題攻略法』 | トップページ | 『現代都市経済学』 »

コメント

このブログに出会えたおかげで、水漏れしていた水栓のカートリッジを交換することができました。
感謝します。ありがとうございました!

投稿: | 2018.11.15 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『絶対わかる論文問題攻略法』 | トップページ | 『現代都市経済学』 »