« 『アリー スター誕生』 | トップページ | 『短歌タイムカプセル』 »

2019.01.22

『マスカレード・ホテル』


木村拓哉、長澤まさみの主演という、いわゆる豪華俳優陣によるミステリーエンタテインメント映画である。ホテルという豪華セットもあり、ああ贅沢な映画を観たなという感想になる。

ストーリーに、ホテルマンの信念をこれでもかと練り込んでくるところがポイント。荒くれ刑事の新田(木村拓哉)がホテルマンという堅苦しい役に押し込められる面白みを際立たせる演出である。これがただ単に木村拓哉のキャラ立ちを狙っただけの演出かと思っていたら、結末の伏線だったとは…

ホテル映画といえばグランドホテル形式かと思いきや、本作はそういう進行ではない。その代わり犯罪トリックが込み入って「何だよ、まだ解決しないのかよ!」というハラハラ感を持ち続けて観ることになる。単品映画にしては凝りすぎで付いていけないままストーリー展開しちゃうかもしてないので要注意である。長澤まさみ好き(あるいは木村拓哉好き)なら、1度目は流して観て、複数回観てもよいのではないか。

単なるエンタメ映画をわざわざスクリーンで観るほどでもないけどなと思いつつ映画館に行ったが、結果としてはスクリーンでの視聴に満足。大掛かりなセットでのホテルのロビーの喧騒感を全身に感じることができた。

|

« 『アリー スター誕生』 | トップページ | 『短歌タイムカプセル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アリー スター誕生』 | トップページ | 『短歌タイムカプセル』 »