カテゴリー「パソコン・ネット・スマートフォン」の70件の記事

2018.11.07

Kindle paperwhite第10世代が届いた

Kindle paperwhiteが届きました。さっそく開封して設定、読んでる最中の本をダウンロードしました。

以下、今日まで4年間使ってた第6世代paperwhiteとの比較

・機能そのものは大して変わってなさそう。ホーム画面はオススメが表示されるデフォルト画面から、旧来の画面(ライブラリ)に設定を戻した。

・固定レイアウト雑誌は目を凝らせば何とか読めるレベル。旧機では目を凝らしても読めなかったので、若干の進化。期待していたピンチイン/ピンチアウトは旧機よりかは若干速くなったものの実用レベルには未だ達せず。バーチャルパネルは若干動作が早まった。Fire7が手元にない時に仕方なく固定レイアウト雑記を読めなくはない。

・固定レイアウトのブルーバックスは「量子コンピュータ 超並列計算のからくり」のサンプル版を見てみたところ、旧機では読みにくかったものの、新機ではちゃんと読めるようになっている。212dpi(758x1024)→300dpi(1072x1448)になったおかげでしょうか。

・ベゼルとディスプレイがフラットになった。これが使いやすいか使いにくいかは好みだろう。たぶん防水にするためのデザイン変更かと。

・電源ボタンが押しやすくなった。誤って押されちゃう頻度が高くなりそう。

全般的には、1万数千円も出して買い換えるほどだったかは微妙です。

| | コメント (0)

2018.09.26

『絶対わかる論文問題攻略法』

TOEICの結果待ちとなり次にどうしようかなとネットでIT資格周辺をうろうろしていてKindleUnlimitedで拾った本。IT高度試験の論文試験に臨む心掛けが書かれている本。十数年前(まだ主任職から係長職に昇進したての頃だろう)にPM試験を受験して論文B判定で落ちたっきりIT系試験に手を出していなかったので、この手のがふと気になっていた。

筆者独自の感覚だけで、非常に簡潔に書いてある。筆者自身がすばらしい文章力の持ち主ではないし、並外れた論理的思考の人でもない、ごく普通の人が書く文章を書いていてる。しかも、紹介されている復元論文(試験後に書き起こした合格論文)も、難しいところが何もないというもの。あっ、こんなので受かっちゃうんだ!という驚きな書籍でした。でも、これで論文試験なんて難しくない、ノー対策で合格できるんじゃないかと思う落とし穴にハマりそうな一冊でもあります。聞かれたことに答える、この単純なことに本書は終始しているのですが、これが難しいということに気づかなければいけません。

本書のノリは非常に軽く、まるでライトノベル。「私の高度試験論文が合格論文なワケがない」なんてタイトルで売られていた方がしっくりくるかも。

2時間でプロジェクトをでっち上げて論点を整理して2400字〜3600字の手書き文書を作成しなければいけないのですから、かなり無茶振りな作業なわけですが、いかに横着して要点を抑えるべきかがコツですよってのがわかります。

| | コメント (0)

2018.05.14

iPhone8に買い替えた

5月7日に茨城県まで遠征して、こんな写真を撮ったり。



ってなことをやってると、帰路にバッテリーが枯渇してしまいました。

帰宅して充電してから電源を入れると、なぜかモバイル通信(4G/3G)を掴まず、表示が「検索中」のまま。



電源再起動、SIM抜差し、ネットワーク設定リセットをやっても改善しません。サイトを見たら、ここまでやってダメならショップに行けと。でもショップに行って修理すると日数がかかるし、修理代もそこそこかかる。

このiPhone5Sは2013年9月に購入し2015年10月に交換修理したもの。4年半も使った機種なので、そろそろ潮時だろうと、急ですが買い替えすることにしました。

5月7日の夜のうちにiPhoneをPCにフルバックアップ。5月8日朝にやはりモバイル通信か復活していないことを確認してauのオンラインショップで注文。auのサイトはログイン認証をSMSで送ってくる仕様なんですね。モバイル通信機能が死んでいるとSMS認証は機能しないんですが…My auアプリにIDを登録していたので詰まずに済みました。危ない危ない。さて、機種をどうするか。本当は4インチの次期機種(iPhoneSE2?)が欲しかったのですが今春の発売はなく、4インチのiPhoneSEか、4.7インチのiPhone8、iPhone7の選択。大きくなるのは残念だけど、新しい機種の方が将来的に何かといいだろうとiPhone8を購入することに。

5月9日の午前中には家に届いていたみたいで、5月9日夜にiPhoneの復元作業。難なく終わりました。シリーズ上位への買い替えは、楽でいい。しかも2年半前と違ってPC(iTunes)でのフルバックアップからの復元は何ら不便なことはないし。

しかし、大きい。これでも、最新機種の4.7インチ/5.5インチの小さいほうだと言うから驚きです。



なお写真は左からiPhone4S(3.5インチ)、iPhone5S(4インチ)、iPhone8(4.7インチ)、Kindle Paperwhite(6インチ)、Kindle Fire7(7インチ)、左上が15cmの定規です。

やはり、大きい。これ、使ってるうちに慣れるのかな?

| | コメント (0)

2018.01.13

Kindle Paperwhiteのフィルムを外して運用する

Kindle Paperwhiteを買って3年半ほど。購入時に同時に買った保護フィルムを付けて使ってましたが、保護フィルムそのものにだいぶ傷が付いてきたので、フィルム交換したいなあと思うようになりました。

しかし、保護フィルムは数千円するので、3年半も使ったデバイスにそれだけの投資をするのはいかがなものかと、交換フィルムを買わずに単にフィルムを剥がしました。

フィルムに付いていた傷がなくなり、読みやすくなりました。表面は微妙にザラザラ感があり、タッチの反応も良くなった。テキスト選択(フォントサイズ3)でも、今までよりも的中率が高くなって狙ったところを選択できるようになった。



フィルムを剥がすと、かなり快適になりました。ディスプレイそのものへ傷が付いてしまうリスクが高まるのですが、次世代のPaperwhiteが発売されたら更新しようと考えているので許容範囲。新機購入の時には保護フィルムを買うと思うので、それまでの間(半年間ほどか?)だけ、快適Paperwhiteライフを送ることにします。

| | コメント (0)

2018.01.06

パソコンが充電できなくなった

自宅でメインで使っているWindowsの15インチノートパソコンが充電できなくなった。コンセントによる給電を感知していない様子。何となくの感触で、本体側の電源コネクターが緩んでるような気がして、近所のPCデポに持ち込み。



▲パソコン本体の電源コネクター

PCデポで診断してもらったところ、PCデポで持っている電源アダプタ・ケーブル類では給電できるとのことで、さらに切り分け作業をしてもらったところ、電源コンセント変換プラグ(ミッキー)が悪いのでは?とのこと。


▲ミッキー

ミッキー電源ケーブルの購入を勧められたのですが、変換プラグではなく変換ケーブルが家にあるはずと思い、何も買わずに帰路につきました。(PCデポの人、徒労におわり恐縮です。)

家でミッキー変換ケーブルを使って給電してみたら、給電出来ず。おかしいなあ…といろいろ動かしてみたら、たまに給電するみたい。どうも、ACアダプタのケーブル付け根の部分が悪そう…って、電源トラブルで最初の方に疑う部分に行き着いたやん。こういう微妙な接触不良系トラブルは、試行錯誤とタイミングで、間違った切り分けをしてしまいがちですよね。



▲ACアダプタのケーブル付け根 ケーブルをまとめる時のテンションが断線の原因になりがちです。

HPのサイトでACアダプタを探しましたが、何となく全機種対応とかいう大雑把な品番しか出てこず、しかも高い。結局、Amazonでバッタものっぽいものを注文してみました。これで、ちゃんと給電できるといいな。

Amazonからの発送通知が、HPのパッケージなんですが、本当にこのパッケージのものが届くのでしょうか?




【後日追記】
届いた商品はこれ



箱はノーブランドですね。



アダプター本体にはHPのマークが付いていますが、添付文書は「グローバル商事」という輸入業者のもの。これが純正品なのかサードパーティーなのかは不明です。



| | コメント (0)

2017.12.21

Kindle書籍の仕様がサンプルと製品で違う

AmazonのKindleで講談社のブルーバックスの本を買おうと、まずサンプルをダウンロードしました。



新書判サイズのページがKindleいっぱいに表示され、字もしっかり濃い。読むのに何ら障害はないと判断して、そのまま購入しました。

で、製品版を開いたら…



写真ではわかりにくいのですが…字は薄く、ページも縮小されて、かなり読みにくい。これでは最後まで読む気になれません。

断念し、Amazonに連絡。『ご連絡のコンテンツについて確認させていただきましたが、出版元よりいただいているデータが現在ご覧いただいているデータとなっており、仕様の範囲内として判断をさせていただいております。』とのことで、Amazonではどうにもならない様子。結局、返品となってしまいました。

講談社さん、ブルーバックスには読みづらい仕様のKindle版が結構あるように思います。どうにかならないですかね。

| | コメント (0)

2017.11.04

Kindle Fire 7 (2017)

いま使っているKindle PaperwhiteはReuters購読の関係でUSのアマゾンアカウントと日本のアマゾンアカウントを切り替えながら使っています。これがけっこう面倒。Kindle端末もう一台あれば楽なのになあと思いながら過ごしていました。

ふと、アマゾンのセールに屈してFireタブレットを買ってしまった。Fire7という7インチタブレットで、プライム会員用価格で3,780円でした。(年に1度くらい、もう数百円安くなる時期もあるらしい。)まあ、日米アカウント切り替えの問題が解決するなら4千円程度の投資は許容範囲かと。

一昨日の夜にポチって昨日にもう届いたので、早速Wi-Fi設定などして使えるように。

その前に、簡単にスペックを。
【Fire 7 (2017モデル)】
IPS 7インチ 600x1024(171ppi)
192 x 115 x 9.6mm 295g
ストレージ 8GB
バッテリー持続:8時間

で、わが家にあるデバイスと並べて大きさ比較するとこんな感じ。



(左から時計回りにiPadPro9.7(2016)、Fire7(2017)、Paperwhite(2013)、iPhone5s)

輝度は整合性を合わせていないので、この際無視。画面の大きさは面積でiPad9.7の半分、iPhone5sの倍、ほぼPaperwhiteと同じと言ったところでしょうか。ただ写真ではわかりませんが、Fire7はPaperwhiteに比べて若干厚く(9.7mm:9.1mm)、かなり重い(295g:213g)。数字以上に重く感じます。

実際に読んだ感じはどうか。今回は固定レイアウトのA4版雑誌を全画面表示してみました。

↓iPadPro9.7(2048x1536 266ppi)



↓iPad2(9.7" 1024x768 132ppi)



↓Kindle Paperwhite(2013)(6" 1024x758 212ppi)



↓Kindle Fire 7(2017)(7" 1024x600 171ppi)



さすがにPaperwhiteやFire7で雑誌全画面表示はあり得ないのですが、参考に。ちなみに画面サイズが同じiPadProとiPad2では雑誌全画面表示にした時に解像度の違いが明確で、iPad2ではぼやけて見える字がiPadProではくっきり見えます。僕の場合、タブレット等で画面解像度を実用上気にするのは、この使い方だけですね。

Fire7では雑誌全画面表示は画面サイズからしてあり得ないのですが、Paperwhiteと違い簡単に拡大表示ができるので、雑誌を読むのはiPadProで読むほど快適でないにしろ現実的です。Kindle Umlimitedで雑誌を読むことが多いので、これは便利な点。

いくつか、Fire7の残念な点を。

・ロック画面が広告
スリープボタンを押して最初の画面が、広告です。現在は、なんだか派手なゲームの広告が表示されてしまいます。ダサい。

・標準はアプリを削除できない
メールやブラウザなどの標準アプリをアンインストールできません。読書端末にしたいのに、余分なものをずっと持ち歩かなきゃいけない。そのせいでホーム画面も散らかりっぱなし。

・アマゾンアカウントと紐付いちゃってる
これが最大の難点。ショッピングアプリもアンインストールできないので、端末を操作できたら買い物し放題。Paperwhiteの場合は書籍コンテンツくらいしか購入できなかったのがショッピングアプリだと何でも買えちゃうので、さすがに問題。仕方なく端末にロック解除パスワードを掛けるのですが、今度はいちいち広告画面上でパスワード入力しなければならないストレスが。
・何と言っても、重い(Paperwhite比)
Paperwhiteユーザとしては、Fire7は重すぎ。しかも、画面ギラギラ。Paperwhiteの快適さを再認識です。

まあ、いろいろ不満はありますが、次期Paperwhite発売までのつなぎとして、4千円分くらいは活用しようと思います。

| | コメント (0)

2017.11.03

Fire7をポチった

アマゾンがFireタブレットのキャンペーンをやっていて、最廉価版のFire7をポチってしまった。プライム会員なら4000円以下で買えてしまう、衝動買い誘発設定で、つい衝動買いしてしまった。

てな訳で泥縄ながら今の手持ちのPaperwhiteとスペック比較

【Kindle Paperwhite(第2世代2013モデル)】
Carta E-Ink 6インチ 758x1024(212ppi)
169x117x9.1 mm 213g
バッテリー持続:数週間
ほぼKindle読書アプリのみ

【Fire 7 (2017モデル)】
IPS 7インチ 600x1024(171ppi)
192 x 115 x 9.6mm 295g
バッテリー持続:8時間
Kindle、Amazonビデオ他アプリ導入可

読書端末とだけ考えると見事にスペック劣化。重いし大きいわりに表示ドット数が下がり、電池の持ちも圧倒的に悪くなる。だって、4000円だから。

今のPaperwhite運用は、新聞購読の関係でUSのアカウントと日本のアカウントを切り替えながら使っているのですが、これが不便。アカウントごとに端末があればいいなと思っていたので、Fire7の導入を機にアカウント固定で使いたいです。だとすると、外出先でFire7、自宅(特に寝る前)にPaperwhiteの運用になるでしょうか。

| | コメント (0)

2017.08.22

テレビを買い換える

ケーズデンキ若葉台店が開店した時に買った37インチプラズマテレビ「パナソニックTH-37PX60」。10年使ってるのですが、最近画面にノイズが入るのが気になってました。画像の黒い部分に緑の点が、白い部分にピンクの点がザラザラとチラつく現象が発生してしまいます。古いアニメ等では発生せず、ソースが高精細の映像(特に人の髪の毛や、山の木々など)や、色調が多い新しいアニメなどで現象が顕著です。



(↑緑の点の現象)

接続部を調べたが問題なし。ホコリが原因かもとパネルの外側から掃除機を当てたりしたのですが、現象は解消しませんでした。

パナソニックの修理受付に電話をしたのですが、現象を確認するための出張費に約5,000円かかり、しかも部品保有期間(生産中止後8年間)が過ぎているため、おそらく修理不可の回答になってしまうとのこと。

修理を諦め、しばらく様子を見ようというとこになりましたが、5万円以内で代替品が手に入るなら新品を購入してもいいかと。

近所の電気店を回り、安いテレビを探します。37インチの代替品なので、40インチのもの。今はテレビに(HDMI1)DVDデッキ(HDMI2)Amazon Fire Stick TV (D端子)任天堂Wii が繋がってる状態。端子が少ないと運用に困るという点に留意する必要があります。現在の設置場所は幅920mmのため、これ以下だとレイアウトを変更する必要もなく、この辺りが条件。現在はHD画質(720P)のため4Kでなくとも十分で2K(1080P)でも今より高画質になります。

東芝やシャープの安価な機種を探したのですが、値引き交渉しても5万円代半ば。目標の5万円には到達せず。まだ買い換えられないなあと思って3店目に入っていろいろ聞くと、今はないメーカーの旧モデルが安いとのこと。聞いたことのないメーカーに不安を覚えましたが、船井電機の子会社とのことで、まあいいかと。税別5万円代半ばの値札でしたが、即決を条件にしたところ買えそうな価格が提示されました。では、それで会計をと言って手続をしようとしたところ、すみません在庫が売れちゃってましたとのこと。結局、展示現品を税込39,800円での決着になりました。展示現品なので既にかなり使用されてるとは言え、これはかなり安く手に入った。会計を済ませ、翌日にクルマで取りに来るので、それまでに清掃(展示現品なので)をお願いし帰宅。

買ったテレビはDX BROADTECのLVW406Tという機種。ネットで調べても何も情報が出てこないですね。でも入力がHDMI×3+D端子という、なかなか僕の実情に合った仕様。難点が、スピーカーが下向きに付いているということ。最近のテレビはベゼルを細くするために下向きが主流らしいですが、東芝の正面スピーカーを手に入れなかったのは心残り。

古いテレビを電気屋に持って行き、



新しいテレビを持って帰ります。




古いテレビ(2006年モデル37インチプラズマテレビ)は27kgありましたが、新しいテレビ(40インチ液晶)は9kgと重量が3分の1しかなく、設置も自分でできるようになりました。

電機使用量も旧型が270ワットだったものが新しいものは70ワットと4分の1に。電源ケーブルも3Pの太いものから2Pの細いものになりました。配線関係は整理の余地ありです。




おおよそ元の配線を使って接続し、地上波、BS、CS、ビデオデッキ、FireTVStick、WiiUの接続確認をしてOK。FireTVStickは1時間くらい観ると熱を持つので、FireTVStick側の設定で720Pに変更しました。(画質そんなに変わりますか?)

スペックとしては720Pのプラズマ→1080Pの液晶にかわり、スペック通りに色味の迫力が落ちたのは目に見えますが、高精細具合はあまり感じません。いずれにせよ、数日経てばこんなもんだと慣れるんでしょうね。

| | コメント (0)

2017.05.26

イヤホンを買い換え

通勤の時にiPodShuffleで音楽を聴こうとしたら、なんか違和感。どうやら左耳が聞こえなくなっている。コネクタ付近をグネグネいじったらたまにだけ音が聞こえるので、どうやら中で断線している様子。

自分のブログを探したら4年4ヶ月前に買ったイヤホンで、そろそろ寿命でも文句ないだろう。

で、昼休みに職場近くの家電量販店に。前回同様、コードが短い製品を探し、オーディオテクニカのCK330Sという製品を購入。行った家電量販店で普及価格帯で60cmのコード長はたぶんこれが唯一の選択。前のが4千円くらいのイヤホンだったが、今回は2千円くらいので、ランクダウン。





音の印象は、高音が弱い。低音は前のCKM500よりしっかりしてる印象。全体的には「わざとらしい」音が出ます。正直言って、通勤電車の中で聴く僕の用途では、音が割れるなどでない限り何でも一緒なんだけど。

コードが、コシがある。しっかりしてるというか。たぶん、絡まりにくいけど小さくまとめにくい。好みだろうな。鞄の中に無造作に入れる使い方では便利か不便かはわからない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧