カテゴリー「将棋」の71件の記事

2017.02.13

将棋会館道場

2月5日(日)に千駄ヶ谷の将棋会館道場に行ってきました。たぶん半年ぶりくらい。

Img_3209


僕と息子(小5)は14級スタート、息子の友達(小4)は15級スタートでエントリー。

僕は午前中3局。級位認定ない人と平手で負け、14級の小学低学年に平手で勝ち、級位認定ない人と平手で負けです。3人目の人は待ったが多く、ちょっとマナーがなぁ。

昼はほそ島やに向かうも休み。日曜日だからね。ホープ軒に向かうも子どもらが興味を示さず(店構えが玄人好みなのは敷居が高い)、結局駅前を過ぎてみろく庵。見た目は居酒屋風。
Img_3216

中に入ると、タバコの匂いが充満してて、やはり居酒屋。昼から飲んでいるグループもいて、やはり居酒屋。

僕がチキンカツ定食、息子がざるそば、友だちが肉じゃが定食。定食はご飯の量も多く小鉢も立派でメインがなくても食事として成立するくらい。チキンカツもデカイ。これは、腹一杯になります。これにカキフライを注文したりみそ汁に餅を入れる某プロ集団は何を考えているのか。

Img_3217


将棋会館に戻り、対局再開。11級女子高生という将棋会館には珍しい属性の人と角落ちで対局。きちっと矢倉に組めたつもりだったのだが、攻めの段階で相手の歩の手筋がビシバシ決まってしまい駒損を重ね、負けてしまいました。途中から父親らしき中年男性が急かしに来てたのですが、一手ごとに長考をする姿勢は崩しませんでしたね。きちんと指す女の子の印象でしたが、指さないで駒を触って考える「お手つき」が多いのが気になりました。相手の手番中に盤の別の方面を考えていたら7筋の歩を触って、ただ触っただけか進めたのかわからなくなり指したか聞いちゃうくらい。

結果、僕は 級認定なしに平手で負け、14級に平手で勝ち、級認定なしに平手で負け、11級に角落ちで負けて3勝1敗となりました。
その間に息子は14級に平手で勝ち、15級に平手で勝ち、13級に平手で負け、14級に平手で勝ち、10級に飛車落ちで勝ち、8級に2枚落ちで勝って見事13級への昇級を決めました。息子に負けて悔しい。

| | コメント (0)

2016.11.30

娘にどうぶつしょうぎをさせてみる

小2の娘、詰将棋は1手詰めならできるのですが、将棋を指してくれません。駒を取った取られたでいちいちキャーキャー言うので、対局にならないんですよね…。しかも、81マスの将棋盤では終局のイメージがつかめず、何をすればいいのかという感じ。1年くらい前は「どうぶつしょうぎ」でも同様でした。

今日、久しぶりにiPadのどうぶつしょうぎのアプリを見せたところ、少し興味を持ち遊んでくれました。



こんな感じで、3×4の12マスで、ライオン(玉)、キリン(飛車)、ゾウ(角)、ヒヨコ(歩)の4種類の駒で相手のライオンを取る(キャッチ)か相手陣にライオンを進ませる(トライ=入玉)をしたら勝ちです。

ただ、王手を掛けている状態で次の手で王(ライオン)を取らないなど、課題山積。自玉に相手の駒が迫っていると敵玉に目が行かないらしい。たった12マスの盤でも、全体を見るのは難しいと言ってました。

とりあえず、もっとも低級の「やさしい森」では勝ち越せるようになりました。ただ、やさしい森のCPUレベルはライオンで王手をしてくるようなものなんですけどね…

| | コメント (0)

2016.11.21

原宿 紫金飯店

将棋の公式戦では12月14日から外食が禁止になります。棋士は弁当を持って来るか、出前を頼まなければならない。で、出前の選択肢として中華料理の「紫金飯店」が追加されました。

ネット内の観る将たちは、紫金飯店のメニューが気になるわけで、ツイッターなどでも「紫金飯店」の文字を目にすることが増えます。ええ、気になりますよね。

で、原宿の紫金飯店に。




明治通りの千駄ヶ谷小学校交差点(イトキンなどがあるところ)です。

月曜の21時過ぎに訪問。先客は一人客×2のみ。玉子チャーハンとビールを注文。ビールはおつまみ付きなのがうれしい。



で、これがメインの玉子チャーハンです。



チャーハンに玉子を乗せたもの。玉子もかなり分厚い。



美味いし、ボリュームたっぷりです。仕事帰りにわざわざ原宿まで来たけど、よかった。明治神宮前駅までそこそこ距離がありますが、歩いても腹がこなれないよ。

| | コメント (0)

2016.11.16

『井上慶太の居飛車は棒銀で戦え』

『井上慶太の居飛車は棒銀で戦え』

初心者向けの定跡が書かれた棋書です。

一般的に居飛車向けの定跡書は「矢倉」「横歩取り」「角換わり」の戦法に分類されていて、その戦法ってのが自陣の陣形が基本です。初心者は最初に得意の戦法を覚えましょうとどこかで聞いて、これらのうち「矢倉」を集中的に学ぼうとしているのですが、例えば▲7六歩に△3四歩と応じられると矢倉にならないなど、なかなかうまくいかずにイヤになってしまいます。

そんなときに見つけたこの定跡書。なんと戦法は「棒銀」です。そう、守りの方法ではなく攻めの戦法で棋書が書かれている、僕にとっては画期的なものでした。

中身も、
・相掛かり棒銀
・矢倉棒銀
・角換わり棒銀
・四間飛車対棒銀
と、いろんな序盤に対応したいろんな棒銀戦法が解説されています。

一通り読みましたが、これを覚えるとなかなか実戦に役立ちそうな気がします。どうやて覚えるかが、いちばんの課題なんですけどね。

| | コメント (0)

2016.11.10

はるひ野黒川地域交流センターの囲碁将棋クラブ


はるひ野小中学校に併設されている公民館的な施設「はるひ野黒川地域交流センター」。10周年ということで僕が住むマンションにもポスターが貼ってありました。




よく見ると、木曜日午前中の欄に「囲碁・将棋」がありますね。気になりますね。



別の用事で交流センターに行った時にサークル紹介チラシが入っているラックを見たのですが、この木曜日の囲碁将棋についての紹介は見つからず。仕方ないので、活動時間帯を狙って突撃してきました。

結論は、「はるひ野シニアクラブ」内のサークルでした。突撃した日は寒かったせいで参加人数が少なく、ミーティングルームに3名だけが参加し、碁盤1面で2名が打ち、1名が観戦という状態でし た。普段はもう少し人数が多く、たいてい将棋を1面出すとのこと。会議机に19路の折れ盤というスタイル。

僕が観戦に参加しつつ、少し雑談。会社に入って囲碁を教えられ打つようになったとか、会社の囲碁部では日本棋院の先生が教えに来てて厳しい指導を受けたとか。将棋は縁台将棋を昔は指してたけど、もう何十年も指してないなど。将棋のソフト指し疑惑の話題も出ましたね。

とりあえず、シニアクラブ内のサークルなので、部外者の僕が入れる場所じゃなかったですね。残念。

| | コメント (0)

2016.11.08

『NHK将棋シリーズ 初級者でもわかる受けの基本』



将棋の教本で有名な本です。一般的な定跡書とは違い、タイトル通り「受け」の考え方を解く本です。単に受け方を書くだけなら手筋本になるのですが、この本は考え方をキチンと書いてあるのが嬉しいです。考え方と言っても、結局は数の攻めvs数の受けなんですけどね。

いろんな局面での考えるべきポイントが示されていて、なるほどと思うことばかりでした。たぶん、タメになってる。



本書は最初、Kindle版を購入したのですが、リフロー版で図面がいちいち別ページになってしまい読むに耐えなかったので紙の本をさらに書いました。もしかしたらNHK将棋シリーズのKindle版の購入は気をつけたほうがいいかもしれません。月刊の「NHK将棋講座」は固定レイアウトでちゃんと読めるんですけどね。

| | コメント (0)

2016.11.02

『将棋パワーアップシリーズ 3手詰将棋』

タイトル通り、詰将棋の本です。1冊に202問。なぜ200問じゃなく202問?と疑問ですが。

3手詰の本と言えば浦野真彦先生の「3手詰ハンドブック」「3手詰ハンドブックⅡ」が有名ですが、ハンドブックシリーズはKindle化されていないためKindle化されている高橋道雄先生の本書をPaperwhiteに入れて解き進めていました。

サボったりなんなりで買ってから半年が経ってるのですが、ようやく一通り解き終わりました。

印象としては、「ハンドブック」より盤面がゴチャゴチャしていますが、難易度は同じくらいといったところでしょうか。僕のような2桁級から1桁級に向けて(ウォーズ5〜4級から2〜1級に向けて)勉強している人間にはちょうどいいというイメージです。

シンプルな盤面の浦野本がいいか、混みいった盤面の高橋本がいいかは好みだと思います。ちなみにKindle化されている渡辺明の「爽快3手詰トレーニング」は僕には難しすぎました。

Kindleでは固定レイアウトですが、Paperwhiteでちょうど読みやすいレイアウトです。(底本が文庫か新書なのでしょう。)Paperwhiteだといつでも持ち歩くので、隙間時間で何度も周回したいと思います。高橋本は5手詰が人気らしいのですが、まだそこまではたどり着けないですね…。


| | コメント (0)

2016.10.24

将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会

小学校で将棋日本シリーズこども大会のチラシをもらって来た息子。対局すると無料で駒消しゴムもらえるんだよ!と。無料に弱い息子です。でもこの大会はJT杯の公開対局と一緒に開催されることもあり、僕自身も気になってたイベント。じゃあ行くかと思っていたら、息子が友だち2人も誘ってました。

【スペック】
息子:小5、将棋歴3年、ウォーズ5級、千駄ヶ谷14級。指すのは学校で月1〜2度あるクラブくらい。
友だちA:小5、将棋歴数ヶ月、まだ金と銀の動きがあやふや。小学校のクラブでルール覚え中。
友だちB:小4。将棋歴2年くらい。千駄ヶ谷15級。ってか、過去に2度行って1勝したことがあるだけ。それ以外ではたぶんほとんど指してない。

まあ、かなり心配なメンバーです。特に友だちAは「ルールを知っていること」の出場基準が怪しいので前日に特訓w。

早朝から車で出発し、9時前にビッグサイトに到着。東棟地下の駐車場はすでに満車で、海沿いにある屋外駐車場に駐車。受付を済ませます。受付脇に行列。何の行列か係の人に聞いたら、プロ棋士と記念撮影できるとのこと。チラッと覗いたらなんと木村一基がいるではないか!早速子どもらを並ばせました。子ども3人と、木村一基八段、鈴木環那女流、安食総子女流とで記念撮影!

受付で対局席札を渡されたので、席を確認して観戦席で休憩。詰将棋でウォーミングアップかなと思ったらDSタイムになりました。ですよね。

チェスクロックの使い方を教えてもらって、10時過ぎに対局開始。1300局くらいが一斉に対局になるので、見事な光景です。



保護者は盤側まで寄れないので、少し遠巻きに見ることになります。それでも、熱戦の雰囲気だけは伝わってきます。

午前中は低学年、高学年に別れたリーグ戦で、3局指します。3勝した子だけが午後のトーナメント戦に出場できます。

息子:●○○
友だちA:●○●
友だちB:○●●
で、3人ともトーナメント出場はなりませんでした。しかし友だちAはようやく駒の動きを覚えたくらいなのに一つ勝ち星を取ることができたのがすごい。いろんな棋力の子が出場しているのでしょう。




会場の真ん中には対局前に子どもたちが書いた絵馬が飾られていました。




将棋対局前に書く絵馬なので当然将棋のことを書いた絵馬が多いのですが、それでも将棋以外のことを書く子どもがけっこういるんですね。



午後からは自由対局。対局すればするほど、そして勝ち星を重ねるほど「消しゴム」がもらえるので、息子にとってはこっちが本番かもしれません。2時間ほどで5勝4敗。これで時間切れとなってしまったようで、もう1局指したかったと残念がっていました。なお、友だちAは0勝12敗、友だちBは1勝10敗と、周囲はかなり強かったようです。僕なら心が折れそうな戦績ですが、二人とも楽しかったとの感想。子どもは柔軟だなあ。

このあと、低学年の部の決勝戦、高学年の部のあと、JT杯の決勝戦、佐藤天彦名人vs豊島将之七段の対局です。




目の前のステージで、貴族が、キュンが指してる! 対局者もすごいのですが、この対局は横の大盤で木村一基八段の解説というスペシャルなものでした。




木村先生の解説は、いつ聞いても面白いなあ。将棋を指せない妻も観戦を楽しんでました。

難しい局面で木村先生が封じ手を宣言したので、宣言後も封じ手まで佐藤名人が長考し、微妙な間。本当は棋士が控え室に入ってから観戦者は封じ手を考えるんでしょうけど、長考中に先に回答用紙に書いちゃいました。外れたけど。

結果は、後手豊島将之七段の勝ち。純銀製の「JT杯」、賞金500万円、コシヒカリ1年分が渡されました。純銀製の皿を娘が見て一言「あれ、いらなくない?」いやいや、大事なものですよ。娘に聞いたら、ご飯を食べるのに使いにくそうとのことですが、あのJT杯に実用性はありません。コシヒカリ1年分も実用性はどうかと思いますが。



なんだかんだと、会場を出たのが19時前で、帰宅が20時前。丸一日かけたイベントでした。疲れたが、充実していた。





【備考】

駐車場:9時ごろの時点で海沿いにの屋外駐車場に回されましたが、屋外はそれほど混雑してなく余裕がある感じでした。

席:ステージ前とステージ逆側に大量のパイプ椅子が用意されています。ステージにいちばん近いエリアだけは荷物での席取りNGの様子。全体でみてみれば、座るところがなくて困ることはない様子。ただテーブルがないので弁当を食べるのは難しいかも。昼食はオニギリがお勧め。館内の食堂は若干の混雑、館内のコンビニは大混雑です。

| | コメント (0)

2016.09.08

『将棋戦型別名局集3 矢倉名局集』

将棋の戦法書や手筋書を読んでいて痛感するのが、頭の中で棋譜がすんなり盤面とリンクしないこと。いちいち盤面図を見て、座標を確認して、駒の動きを考えなければいけない。正直、棋譜をソラで読めるのは2~3手くらい。それじゃ棋書の勉強の能率も悪いし、モバイル中継や新聞の将棋欄の楽しみも半減。そんなわけで、棋譜並べを集中的にトレーニングしてみようと思い立ちました。

ちょうど「戦型別名局集」というのが順次リリースされているので、そのうち居飛車戦型で駒の進め方にも馴染みのある四間飛車のKindle版を購入、この本で100局の棋譜を並べることにしました。

とりあえず、今回の棋譜並べの目的は「棋譜を並べる」です。ここで指し手の意味を考えたり、解説から勉強しようとは全く思わず、とにかく機械的に棋譜を並べることにしました。はい、単なる作業です。

1局あたり15分くらい(慣れてきたら10分くらい)かかるので、この本の100局で20時間くらい費やしたかな。購入履歴を見ると、2か月くらいかかって並べたようです。毎日1時間(4~6局)並べれば、3週間で済むはずなんですが。

たぶん、棋譜並べはだいぶ慣れたと思います。これで、新聞の将棋欄は楽しめるようになるかな?と思ったのですが、あいにく今日の将棋欄は入玉将棋の最終盤で棋譜の長く、難しすぎました。

| | コメント (0)

2016.08.21

『将棋・名勝負の裏側』


将棋の月刊誌「将棋世界」の連載記事を単行本にまとめたもの。棋士の対談で、修行時代(主に奨励会三段頃)の苦労話(師匠や先輩の面白話)、対談相手の名手あたりがネタです。

将棋は81マスの盤面に8種40枚の駒を並べるだけのゲームで、1ゲームを通じたった百数手、棋譜にしても400字くらいにしかならないゲーム。それを、人間くさい棋士が、必死に指すわけです。でも棋譜に残るのは機械的な400字くらいなわけで。

棋士のエッセイなんてのもたくさんあり、読むと楽しいのですが、どうしても上品な仕上がりになりがち。対談だと、泥臭い本音が文章に織り込まれますね。こうやって棋士の人間性を知った上で棋譜を読むと、ただの400字ではなく奥行きが出てくるのが不思議です。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧