2024.02.17

『商店街のあゆみ』

何がきっかけだったかすっかり忘れたが、12月頃にKindle版を買ってダウンロードしてあった。たぶん、表紙に惹かれて。

開いてみたら、不思議な本である。家が、街が、生き物として描かれている。そして、妄想たっぷり。夢で見た街の様子が、漫画に描かれているよう。

ビルの芽とか、商店街が新陳代謝しながら進んでいくとか、発送がぶっ飛んでるけど、そんな妄想をすることがあるよなとも思う。

作者は、どのように妄想を絵に落とし込んでいるんだろう。作者の頭の中は、もっと広大な妄想世界が広がっているんだろうか。興味は尽きない。

Amazon

| | コメント (0)

『プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる本』

会社でAudioBookを契約してもらっているので、何か自己啓発系の本も聴いておかなきゃなとダウンロードした本です。

プロジェクトマネジメントの全体像を単行本1冊で整理してわかりやすく伝える。ありがちな構想だし、類書もたくさんあります。正直どの本を読んでも一緒といえば一緒です。でも、たまに本を違えて読む(今回は聴くですが)ことが大切です。事業会社のシステム部門に在籍していてやる仕事のほとんどは、プロジェクトマネジメント。なので、情報システム部員の基本はプロジェクトマネジメントにあると行っても過言ではないでしょう。基本を何度も何度も繰り返す。これが大事なのです。情報システム部員の皆さん、数年に一度はプロマネ本を手に取りましょう。

本書も「基本が全部わかる」の通り、基本が書かれています。もう中年を過ぎると、聞いたことがある話ばっかりです。それでも実務でなにかをすっ飛ばして怪我をしちゃうんですが。(だから、すっ飛ばさないように数年に一度、基本書を読む!)

今回はAudiobookという聴き方。まるで、上司のお説教を聞いているようでした。いつもと違うインプットで、仕事の精度が上がることを期待です。

https://audiobook.jp/product/267211

| | コメント (0)

『イーロン・マスク』

テスラ創業者イーロン・マスクの伝記本。存命でかつまだまだこれからも何をしでかすかわからない人物の伝記本を出版するとは、なかなかに大胆である。著者はスティーブ・ジョブズの伝記本を書いたウォルター・アイザックソン。この著者ゆえ、かなりの誇張や大げさなどがあるかもしれないが、物語として面白おかしく読みたい我々には、アイザックソンの書きぶりが楽しみなのだ。

本書は95章からなる。それだけ聞くと、そんな小分けにしなくても…と思うが、一章一章が、スリリングな物語である。よくまあこれだけいろいろなことをやるもんだと感心してしまう。普通の人生を送っていたら、このうち一章ぶんを生きるかどうかわからないくらい。もはや、バイタリティとかそんな言葉では言い表せないパワーを持っているんだろうな、マスクは。リスクを好む生き方をする人はどこかで潰れてしまって這い上がれなくなる印象を持っているが、マスクは次々と成功を収めている。これが、どういう能力によるものなのか、本書でもその答えは示されていない。市井に生きる人間として、どれだけきちんと生きていけるかを考えている人間として、イーロン・マスクの生き方は対極にあるもの。実在の人間とは思えないが、エンタメとして面白い。ツイッター(現:X)買収で少しだけ僕の生きている世界に干渉してきた存在であるが、それも含めて楽しませてもらおう。

https://amzn.to/4bRCpuG

| | コメント (0)

2024.02.11

あさお芸術のまちコンサート

クラシック音楽は都心の大ホールにお洒落して出掛けて聴いたり、家に高価なオーディオセットを組んで聴いたりと、少し構えて聴かなきゃいけない気がしていました。しかも、ちゃんと蘊蓄をわかって聴かなきゃいけないと。敷居を高く感じていました。

麻生区には「あさお芸術のまちコンサート」という取り組みがあります。名前は聞いたことがあったのですが、アートセンターや昭和音楽大学などで敷居が高くコンサートを開いているのだろうと思い込んで、今まで見向きもしていませんでした。

この「まちコンサート」がはるひ野黒川地域交流センターで開催されます、無料で事前申込も不要ですよとお知らせを受け取りました。何となく敷居の低さを感じ、行ってみました。開催地がはるひ野ということもあり、観客にも知った顔が。開演前にフランクな話もでき「敷居」はどんどん下がります。こういう、生活の延長線上に演奏会があるの、いいですね。

演者はバイオリン奏者2人。上田美芳さんと肥田与幸さん。肥田さんの軽快なトークから始まります。オーケストラのバイオリン奏者は堅物だというイメージを壊してくれます。はるひ野なので、ヴィヴァルディの「春」。小気味よく、躍動感のある演奏。どこか遠くで奏でられる仰々しい音楽ではなく、小さな空間でこじんまりと演奏される音楽の楽しさに魅了されました。いいじゃん、クラシック音楽。

3曲目にバルトーク。僕は名を聞いたことがない作曲家でしたが、ハンガリー(ルーマニア?)の民族音楽をクラシック音楽化した作曲家とのこと。バイオリンの演奏を聴いて、これってゲーム音楽?って思ってしまいました。(家に帰ってAmazon Musicでバルトークのオーケストラ楽曲を聴いて、ゲーム音楽だと革新しました。) 音楽で物語を奏でています。

プレイエルのバイオリン二重奏曲など、デュオならではの掛け合いを見て聴いて楽しめた、いい演奏会でした。いや、クラシック音楽って気軽にわくわく楽しめるものなんだ。「あさお芸術のまちコンサート推進委員会」さん、ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0)

2024.02.04

中野から新宿まで

用事があり、中野駅まで行くことに。その前の用事が唐木田だったので、唐木田駅で電車を待ちます。入線してきたのは5000形のもころん号!かわいい。これで新宿までもころんと一緒かなと思ったら、新百合ヶ丘を過ぎても急行にならない種別だったので、新百合ヶ丘までのお付き合い。
Img_6627Img_6628

新宿駅を経て、中野駅に到着。サンプラザの建物を見たことがあるので、来たことはあるのでしょうが、街の記憶はまったくありません。駅北口には、アーケード商店街「中野サンモール」があります。駅改札口から屋根があり、そのままアーケードに入れる。悪天候時でも歩きやすい気が効いた作りです。商店街の中もけっこうたくさんの人がいて賑わっています。ここの商店街は、まだまだ活気が続いていてうれしい。店舗はチェーン店が主流ですが、ときどき個人商店が顔を見せます。Img_6630Img_6631

サンモール中野の通路はチェーン店が多くショッピングモール的な感じですが、一本脇道に入ると、ちょっとレトロ感が漂う路地になります。チェーンの居酒屋から、地元のちょっと凝った居酒屋、町中華やゲイバー・ガールズバーまで、様々な飲食店が入り混じっています。なかなか濃い街。ここでふらっと飲みましょうという話になったら、どこに入るかかなり悩んでしまいそうです。
Img_6632

街並みも、区画整理されていない複雑な形状。道路がクランクどころではない形状で曲がっていたりします。この道路は、手前か向こうのどちらかは公道ではなく私有地の可能性もありますが、いったいどうなっているのやら。
Img_6639

塀には落書きが、こういうゴチャゴチャした街の定番。ご多分に漏れずですが、落書きとともに気になるのが「カプセルホテル ツインルーム」の文字。ツインルームのカプセルホテルを使う目的はあるのでしょうか。同僚も嫌だし、カップルで使うわけにもいかないし、親子が使うイメージも湧きません。誰需要?
Img_6637

クランクの向こうに、喫茶店のA型看板が出ているので、ちょっと行ってみましょう。この看板がある横のビルの狭い通路に入り、エレベーターに乗って4階に登ります。こんな狭いところで、通りから全くわからない不思議な場所にある喫茶店、きっと年季が入った内装で年季が入ったマスターがやっているに違いありません、と踏み込みます。
Img_6642

エレベータを降りたら、意外。白く明るいドアが待ち受けています。(ここ、ぜったい黒か濃茶だと思っていたのに。) 店内も明るく、シンプルな内装できれいスッキリで心地よい空間です。4階にもテーブルがありますが、階段を登って5階のテーブルに案内されました。4階は半分吹き抜けで、5階から4階が見下ろせます。窓も広く、明るい。
Img_6644

ランチセットを注文しました。コーヒーはあっさりしていて、白基調シンプルな内装に合わせた味という印象を受けました。たまごサンドのたまごはたまごサラダではなく、少し甘めのたまご焼き。年配の夫婦(?)が、4階から階段を登って持ってきてくださいます。
Img_6647

食事が終わったので、帰路に。中央線で新宿まで出て小田急線か京王線で帰るのが普通なのですが、時間に余裕があるので少しだけ街を歩いて見ようと思います。地図を見て、桃園川緑道という河川跡遊歩道があるのがわかったので、そちらを目指します。
Img_6653

ところどころ、絵が描かれたタイルがあります。桃園川だから、桃太郎なのかな?
Img_6655
いや、桃太郎以外の物語もありますね。
Img_6656
そもそも、何の物語かわからないものまで登場しました。もう、一貫性はありませんね。
Img_6658

足元街灯のカバーがおしゃれです。
Img_6669

桃園川の水位の表示盤がありました。川底がマイナス4メートルで、今日はマイナス3.5メートル。歩いた日の午前中は雨だったので、そこそこ水位があるのでしょう。雨水下水管でなく、桃園川として暗渠化されているのですね。川底から4メートルに達してしまうと、この川も氾濫してしまうということです。
Img_6671

宮下交差点で山手通りに出てきました。この辺りからバスに乗ろうと思ったら、ちょうどバスが出発したところ。次のバス停まで歩こうと進むと、中野坂上まで来てしまいました。ここから初台や新宿までわざわざバスに乗ることもないなと、青梅街道を新宿まで歩くことに。谷底まで歩いたところが、神田川に架かる淀橋です。橋を渡って右手には淀橋変電所がありましたが、いまは公園になっています。
Img_6673

でも、もう少し進むと東京電力パワーグリッドの建物と、10メートルくらいの小さな鉄塔があります。この鉄塔、架空線もありません。何の用途の鉄塔なのか、想像がつきません。地下に何かあるのかなぁ。
Img_6677

新宿中央公園を抜けてしばらく進むと、新宿駅西口です。新宿地下鉄ビルディングはすっかりなくなり、小田急新宿駅本屋ビルもずいぶんと解体が進んで低くなりました。ロータリーのスロープも、なにやら鉄骨組がなされて工事が進んでいるようです。着工から1年ちょっとですが、急ピッチで新宿の街は変わろうとしています。
Img_6680

| | コメント (0)

2024.01.13

冬の黒川散歩

黒川地区の風景写真が必要になったので、久しぶりにコンパクトデジカメを片手に数時間歩きました。
せいの神の前日に歩いたので、三沢川×京王線のところにせいの神が建立されていました。冬の黒川の光景。
Cimg5922

京王線北側のダート道と階段を登っていくと「稲城1号地下道」があります。地下道?
Cimg5926

この地下道を西側にくぐったところが「東地区」です。京王相模原線若葉台駅のホーム調布方から望む農村地帯ですね。農村の方から若葉台駅方面を望む景色も格別です。
Cimg5929

西側を振り向いてみると、雲を被った富士山が見えますね。
Cimg5932

黒川駅前まで歩いてきました。駅前には読売交響楽団。背後の鉄塔もかっこいい。この送電線は西東京変電所から都心方面に向かっているものですね。
Cimg5948

黒川駅の逆側に出て、黒川交差点から西に行くと汁守神社です。大晦日の深夜と元日は汁守神社に詰めていたため、いまだに右手の中指第2関節が痛いのはナイショ。
Cimg5952

せっかくコンデジを持ってきているので、狛犬を近くから撮影。本来の用事である写真素材として使えるかもしれないし。
Cimg5956Cimg5957

初詣の参拝客のおみくじがたくさん結ばっています。みなさん、今年の運勢はいかがでしたか?
Cimg5962

鳥居と拝殿の間から見える黒川上地区、ここから富士山が見えることもあるのですが、今日は見えませんでした。
Cimg5964

セレサモスは今日も大賑わいです。
Cimg5967

さて、ここから黒川上地区の田園地帯。三沢川沿いの平らなところ。水田地帯です。
Cimg5969

水田地帯メイン道路沿いにある「元木いちご農園」ハウスの前にイチゴ自販機があるのは知る人ぞ知る。今日もあるかなと近づいてみると、ちょうど農園のおじさんがハウスから出てきました。
Cimg5971
けっきょく、おじさんから直接イチゴを購入することに。おいしそうな紅ほっぺ。
Img_6404

柿生発電所。上水道導水路でも、エネルギーになると気付けば無駄にはしませんよ。
Cimg5977

カラスウリ?
Cimg5980

上地区のせいの神も立派です。2024年は1月14日(日)17時に点火とのこと。
Cimg5982
Cimg5983

橋場の近くの道端にある道祖神
Cimg5987

橋場の近くにある毘沙門大堂。昔は鬱蒼とした森の中にあった記憶なのですが、今は周辺が伐採されて見通しがよくなっています。
Cimg5990
入り口の地蔵、毘沙門堂。
Cimg5992
Cimg5994

毘沙門堂の近くにあるこれ↓、墓地だと思っていて近づいたことがなかったのですが、句碑なんですね。
Cimg6000

さらに、奥谷戸方面を歩きます。
Cimg6012

ネギとかトラックとか落ちてます。
Cimg6016

奥谷戸を離れ、この急坂を登っていきます。路面形状から想像できるように、かなり急坂です。
Cimg6021

坂を登りきったところに「400年山桜」。実は400年山桜は2012年の台風で倒木しており、この看板はその名残り。ここにある桜は、その山桜の横に植わっていた桜です。400年山桜の後を継ぐ桜として、この山を見張ります。
Cimg6025

400年山桜の先に、黒川海道緑地の入り口があります。軽いハイキングができます。今日はそちらを歩きませんが、こちらもいい散歩道です。
Cimg6028

400年山桜から海道谷戸に向けて降りる坂道。この坂道からの景色が大好きです。空が広く感じます。
Cimg6031

こちらは、鳥よけの案山子のようなものかな。
Cimg6041

海道谷戸に降りたところでは、少し平らになっている畑地で市民農園的な活動をしているグループがいました。
Cimg6045

海道谷戸を過ぎて登り返すと、海道ひだまり公園です。
Cimg6059

ここからはるひ野駅は徒歩5分ほど。3時間ほどの散歩でした。お疲れさまでした。
Cimg6063

| | コメント (0)

2023.12.24

『高瀬庄左衛門御留書』

audiobookで聴取。数年前にベストセラーになった時代小説です。

下級武士である主人公高瀬庄左衛門を描く。妻を亡くし、息子も亡くし、息子の嫁やその弟との不思議な師弟関係、屋台の蕎麦屋との交流と、かなりの人情できである。描く情景も美しく、苦しい胸の内まで美しく柔らかく描く。丁寧に書かれた物語であると感じます。

事件と思っていなかったことが、徐々に大ごとになっていき、それでも平静を保つ庄左衛門の男らしさが素敵で、その素敵さが聴いていて伝わる文章。武家の厳しさと尊厳としきたり。時代小説のいいところを、存分に味わえました。

| | コメント (0)

2023.11.25

『古寺を訪ねて 京・洛北から宇治へ』


土門拳の写真とエッセイを文庫に編集した本。この巻は、京都・宇治を集めている。


エッセイから、土門が撮ろうとしているものを窺い知ることができる。空間、時間。過去の僧侶や庭師が、数百年前にここにいたという空間を、現代の写真で切り取ろうとしている。明恵上人の修行の場所、夢窓国師が作った庭、千利休が座った部屋。刹那の画角を切り取るだけにすぎない写真に、時間と空間を乗せる。だからこその、素材の切り取り方なんだと思う。土門の写真の迫力は、そこから来るのかと。


この本を読みながら東海道新幹線に乗り、東寺観智院を訪ねた。この本を読まなければ簀子縁の平あたま角足手打ちの釘など気にすることもなかっただろう。確りと足裏で味わってきた。

Img_5874

| | コメント (0)

2023.11.23

『男と女ー恋愛の落とし前ー』

狂気的な恋愛を描く唯川恵による、女性へのインタビュー集である。恋愛に嵌ってしまう女の本音を聞き出し、唯川恵が辛辣なコメントで追うという構成。男がいかにだらしなく、女がいかに愚かかをインタビューにより描こうとしているのだろう。

唯川恵は後悔する恋愛を求めている気がする。しかし誰も後悔のための恋愛は求めていない。今その時の感情と、よかったと思える日のために時間を過ごしているのだ、唯川恵がコメントでこき下ろしているのは恋愛の一面だという点を忘れてはならない。

登場するインタビュイーである女性たちの人生は、波瀾万丈である。それでも、やはりどこか現実的である。小説のような破滅は望んでいない。現実世界は現実的だと。

この現実的なインタビューを土台に、次なる唯川恵の恋愛小説はどのように道を外してくるか。

| | コメント (0)

2023.11.18

「コーヒーの科学」

コーヒーは嗜好品なので蘊蓄を語る人は多く、また蘊蓄を記す書籍も多い。しかし、この本はそういう蘊蓄本とは一線を画す。署名に「科学」の字が入っている。本を開いてみると実際に自然科学分野の視点でコーヒーのことが書かれている。アカネ科コーヒーノキの分類や遺伝、コーヒー豆の構造、味覚の感じ方とコーヒーの成分、焙煎におけるコーヒー豆内部の化学変化、抽出における二相分配、そして疫学の話まで。そして、どの分野もけっこう本気で述べているところがすごい。正直な感想を言うと、理系を拗らせている。はっきり言って、たかがコーヒーである。消費者としては、単に好みで飲んでいるだけで、人生がかかっているものでも何でもないのにだ。そんなことは著者も承知の上で、だからこそ本気に取り組んでいるのだろう。そこを楽しむ本である。

| | コメント (0)

«山形の朝