« 東急田園都市線 | トップページ | 新しい大都市制度 »

2008.08.19

『テロの経済学』

テロリストに関するデータ分析結果の講義録です。

タイトルから期待する、テロを起こすインセンティブなどについてはあまり語られていません。データ分析について冗長に語るだけで、あまりメリハリのない構成です。

テロは、貧しく教育機会のなかった人により引き起こされるのではなく、ある程度豊かで高等教育を受けている人により引き起こされているという事実は、事実として受け止めておくべきなのでしょう。

地下鉄サリン事件の加害者集団のメンバーは高学歴者であったことは有名です。いわゆる「過激派」は、大学が舞台であることも多いし。

ちょっと話が逸れます。私の出身大学では、あるセクトが学生寮を拠点として活動していました。寮を所有する市と、寮生の自治会(実質はセクト)の裁判になっていたことを思い出しました。

…過激派とテロを同一視すると、お叱りを受けるかもしれませんね。

教育程度・経済力とテロの相関を扱った1章は結論がわかりやすかったのですが、テロリスト出身国を扱った2章・テロの効果を扱った3章は何が言いたかったのかよくわかりませんでした。

|

« 東急田園都市線 | トップページ | 新しい大都市制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東急田園都市線 | トップページ | 新しい大都市制度 »