« 『ワーカーズダイジェスト』 | トップページ | すみだガラス市 »

2012.10.12

『督促OL修行日記』

おおよそ日の当たる仕事ではない「督促」について面白おかしく書いているエッセイです。

「私の電話を待ち望んでいるお客さまなんて、この世界には一人もいないのですから。」

そりゃそうです。誰も「早く督促の電話来ないかな〜」なんて思わないですもんね。借金取りを待ち望んでいる人なんてまずいません。

でも、督促という業務がなければ世の中が回らないのも事実。借りた金は返す、買った商品代金は払う。これができること前提で信用販売は成り立っているのですから。

督促業務を行っている人たちが心の病で倒れていく様子は見るに耐えませんが、そんな中で督促電話の技術を磨いていく著者の、人の技術の盗み方はすごいなと思います。私はこの本から人の技術を盗み取ろう。

社会の裏方の仕事を、身の丈で語ってくれた本書は本当に貴重です。かなり、ためになる本でした。

|

« 『ワーカーズダイジェスト』 | トップページ | すみだガラス市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ワーカーズダイジェスト』 | トップページ | すみだガラス市 »