« 『なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか』 | トップページ | 『ドライブ・マイ・カー』 »

2022.02.06

『統計学が最強の学問である』

2013年の本。当時けっこう流行った本だと思う。データサイエンスブームのハシリくらいの本かな?本棚にあったのを気になったので再読。


タイトルは煽り気味ですが、最初の章以外は統計学の使い方の基本が書かれている。統計の使い方や限界なんかも書かれていて、意外と親切な本。p値やらχ二乗検定やら一般線形モデルやら、統計学用語を一般読者にわかりやすいよう工夫して書いてあるが、一般読者は理解できるのかな。この本を読んで統計学を勉強して再読して腑に落ちる内容じゃないかな。これって…まさに今の僕だ。統計学の勉強を進めていますが、どこに向かっているのか分かりやすく書いてあって、再読してよかった。

https://amzn.to/3Lfqf1a

Img_9784478022214_1

|

« 『なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか』 | トップページ | 『ドライブ・マイ・カー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか』 | トップページ | 『ドライブ・マイ・カー』 »